“La Fuensanta” deslumbra ベゴ、聴衆を眩惑

***

Begoña Castro, una bailaora madrileña que va a bailar con mi música el 18 de noviembre en Tokio. Se ve dulce y amable, pero me parece que en sus ojos hay la profunda luz y la sombra de árabe que amo más.
Eso necesito a mi música morir!
Recién una página informativa española del arte flamenco se publicó una nota con el vídeo en vivo de esta fantástica bailaora.

Para mi el movimiento de ella es como un fuego inquieto que quema en silencio en la arena…..
O como una voz grave del rezo que resuena de la mezquita….
Junto a Begoña Castro, ya tengo perfecta confianza que podremos tener un gran gran éxito de nuestra ‘La Fuensanta.’

***

11月18日の東京公演「アンダルシアの聖女」で、いよいよそのヴェールを脱ぐスペインのバイラオーラ(女性フラメンコダンサー)、ベゴ。
優しく穏やかな印象だが、その瞳には深い「アラブ」の光と影がある。
それは、いま自分がやりたい音楽に最も必要なものだ。

つい数日前、注目度の高い本家本元スペインのフラメンコ情報サイトが、ベゴを大きく取り上げ、”聴衆を眩惑”との見出しで、この優れたバイラオーラの、先週土曜日に行われたライヴパフォーマンスビデオとともに、絶賛批評を公表した。
魅惑的な写真とともに、ぜひ楽しんでいただきたい。

その動きは、あたかも砂地に静かに燃えあがる炎のように…
そしてモスクに響き渡る厳かな祈りの声のように…

自分はすでに「アンダルシアの聖女」の成功を、彼女とともに100パーセント確信している。

初の舞踊の導入からまだ一年しか経っていないが、すでにソウルのチャンム舞踊団の四名の女性ダンサー、そしてニューヨークのマーサ・グラハム舞踊団の折原美樹さんとの素晴らしい共演に恵まれ、自分はとても幸運といえるだろう。
そして今回、こうして本場スペインの極めて優れたバイラオーラが自分のギターで踊ってくれることは、まさに自分にとって、このうえないアレグリーアとなるにちがいない。

*11月18日「アンダルシアの聖女」公演チケットご購入サイト

***