La Fuensanta ~アンダルシアの聖女~

***

毎日新聞東京版11.17.18朝刊記事

***

Begoña Castro, esta chica madrileña realmente me hizo llorar con sus movimientos increíblemente emocionantes. Ojalá que esté alegre don Ata de ver nuestra primera función en Japón que bailó una bailaora española con los temas de gran argentino.

***

Begoña Castro, this wonderful girl from Madrid truly made me cry with her unbelievably emotional movements. Hope Atahualpa Yupanqui is happy to see our humble performance in Japan which an ‘Spanish Bailaora’ performed with the music of the greatest Argentine maestro for the first time in the history.

***

今回の公演に際し、実に1000回以上に渡ってぼくの音楽を聴き込んだというベゴーニャ・カストロのエモーショナルな踊りは、心からぼくを酔わせ、そして泣かせた。

「アンダルシアの聖女」は、作曲、選曲、台本制作からプロデュースに至るまで全て自分で行ったので、何かと落ち度も多く、経験を積んだバイラオーラ(フラメンコの女性舞踊手)にしてみれば、さぞやりにくかったことも多々あったと思う。が、こうした限られた範囲のなかで、このスペインの女ザムライは、ぼくの考えを全て理解し、真に100パーセントの力を出し切ってくれた。
自分が共演者に求めるのはテクニックではない。「血」と「心」だ(バンパイヤかい?)
改めてこの場を借り、ベゴーニャに深く感謝したい。