Homage to Atahualpa Yupanqui in Cerro Colorado セロ・コロラドにおけるユパンキへのオマージュ

***

¡Viva Cerro Colorado!

2014年1月から2月にかけて、自分はアルゼンチン、コルドバ州政府の招聘によって同国をツアーし、1月31日の夜、ユパンキが最も愛した土地と言われる、コルドバ州北部のセロ・コロラドにある巨匠の別荘(現博物館)において開催された、ユパンキ生誕106年を記念するコンサートに出演した。

これは、セロ・コロラドのご当地ソングともいえる速いテンポの「石のチャカレラ」の、客席から撮影されたライヴ演奏。
この複雑なリズムを刻みながら歌うのは至難の技だが、決してそれを聴衆に感じさせてはいけないところが、またこの音楽のむずかしいところだ。

自分は1989年1月、この場所でユパンキから直接ギター演奏の手ほどきを受けた。
かけがえのない聖地に自分を戻してくれたコルドバ州政府の皆さん、特に文化部理事のアンヘル・ディアスさん(写真下)に心から感謝している。

やはりセロ・コロラドにおける、とてもリラックスしたライヴのワンシーン。これはホテルのレストランでのパフォーマンスで、このときはほぼ飛び入り出演のような雰囲気だったため、自分もラフなスタイルでの演奏。
ユパンキの名曲ギターソロ(直伝の)「恋する鳩の踊り」を披露している。

ただ、飛び入りプレイは大抵ろくな演奏にならない。自分にとってライヴ演奏というのは、どんな場合でも、事前にきちんとリハーサルをして行うもので、食事の片手間でするようなものではない。

これらの演奏については完全に満足しているわけではないが、本場アルゼンチンの雰囲気を伝えるものとしては面白いと思うので、当ホームページのみでの限定公開としてご紹介させていただいた。
二曲とも一般には公開していない。

このレストランの外に出ると、二階は展望台になっていて、まさに降ってくるような天の川と南十字星が見守ってくれていた。
アルゼンチンの夜は長い。彼らは本当の意味で夜を楽しむ贅沢な国民だ。
ナイトライフの充実していない日本は、それに引き換えまだまだ文化的に低い。自分はアルゼンチンに行くと、いつもいやと言うほどそのことを思い知らされる。