Volver a Villa-Lobos ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演

***

Al interpretar “Villa-Lobos” me llevó al escenario de Carnegie Hall hace años.
Ahora el 21 de noviembre en Tokio, intento tocar las obras de ese gran hombre brasileño, y de Atahualpa Yupanqui, con la misma emoción y la energía.
Atahualpa Yupanqui e Heitor Villa-Lobos.
Para mi los dos eran más asombrosos guitarristas y creadores en el mundo, quienes nacieron en las Américas, y recibieron la gran revelación de J.S.Bach.

Years ago, my “Villa-Lobos” interpretations took me to the stage of Carnegie Hall.
Now in the 21st of November in Tokyo, I will perform the works of the big Brazilian and Atahualpa Yupanqui with the same energy and the emotion. To me these two fabulous guys were most wonderful guitar players & sound creates in the world, who were born in South America and received the beautiful revelation of J.S. Bach.

20世紀を代表する大作曲家の一人、ブラジルのヴィラ-ロボスの作品の研鑽と演奏は、自分をカーネギーホールのステージへと導いてくれた。

そしていま、11/21東京公演は、いよいよこのヴィラ-ロボスとユパンキ、そしてバッハと自作品を、全く同じエモーションとエネルギーをもってプレイするべく日々修練をかさねている。

***

Este tema se llama “Valsa-Choro,” es una de las piezas del gran carioca que me encantan más, aparte de los legendarios “5 preludios.”
Para mi, Maria-Livia São Marcos, y Elias Belmiro son únicos dos guitarristas que me ofrecen “Buenos sonidos” de Villa-Lobos. Me encanta mucho que escuchar sus grabaciones y me inspiran mucho.

This one is called “Valsa-Choro,” one of my best favorite Villa-Lobos guitar pieces besides of the legendary “Five Preludes.”
There are only two guitar players who bring me the “wonderful sounds” of Villa-Lobos. I really love to listen to their recordings and they inspire me a lot.
Their names are Maria Livia São Marcos, and Elias Belmiro. Both are from Brazil.

これは一般公開していない動画だが、自分のもっとも好きなロボス作品のひとつ、「ワルツ風ショーロ」。

ショーロとは、ポルトガル語で“むせび泣き“を意味する、サンバやボサノヴァの原点ともいえる、もともとリオの最貧困層の民衆が暮らしたエリアに起源を持つ、ブラジルの民俗音楽の重要なスタイルを指すが、このフィーリングをもってヴィラ=ロボスを演奏するクラシックのプレイヤーは残念ながら殆どいない。

唯一、自分の胸を揺さぶる演奏をするのが、ブラジルのサンパウロ生まれのマリア・リヴィア・サン・マルコス(トップ写真)と、やはりブラジル、エスピリト・サント州出身のエリアス・ベルミーロで、両者とも残念ながら日本ではまったく知られておらず、素晴らしい音源の数々も国内ではほとんど入手できない。

数年前、現代ギター誌の主催で、音楽評論家の濱田滋郎さんとヴィラ=ロボスとユパンキについての誌面対談を行ったが、その際、濱田さんは、「(ヴィラ=ロボスのギター曲といえば)皆さん、同じようなスタンスで弾くので同じような音が聞こえてくるが、夕べ(東京公演)のシロさんの弾き方はとても新鮮でした。」と褒めてくださったので、決して真似をしているわけではないが、自分のプレイには実はエリアス・ベルミーロの影響が大きくあることをお話ししたところ、南米音楽のエキスパートである濱田さんですら、この傑出したブラジル生まれのギタープレイヤーの存在をご存知なかった。

***

マリア・リヴィアは現在77歳。スイスのジュネーヴに長く在住し、演奏、そして教育活動を続けているようだが、エリアスに至っては、90年代後半に素晴らしい二枚のCDアルバムを発表した後、まったく姿を消してしまい、昨年ブラジルの新聞のオンライン版がリリースした記事によると、なんと完全なアルコール中毒になり、現在、故郷のエスピリト・サント州のヴィトーリア市内の公園で寝起きする路上生活者に身をやつしているという。

褐色の肌にロングヘアという、いかにもブラジルの芸術家といった若き日の精悍な雰囲気は失せ、やせこけ、すっかり老人然とした風貌となり、話す言葉もロレツが回らず、取材した記者が”おみやげ”として持参したギターを抱えた姿に、とてもかつての名ギタープレイヤーの面影はない。ダウンロードされた自身のプレイを記者の携帯電話で聴いているうちに、感極まって涙ぐむ姿に胸が痛む。

***

マリア・リヴィアのほうは、若いころ欧米で高い評価を得たので、アメリカではいまでも優れた音源がアマゾンやebayなどで入手できる。
もしかしたらこれほど優れていると、音楽家としての富や世界的名声などどうでもよくなってしまうのだろう。ブラジル人らしい、のんびりとした余裕を感じる。

エリアス・ベルミーロという人は、ブラジルの子どもたちへの音楽教育にも熱心に力を注いだ人物で、ただ酒による不摂生な生活態度で身を崩したとは思えない。

かつてセゴヴィアが、プレイヤーとしてもクリエイターとしても自分よりはるかに優れているパラグアイのバリオスに恐れを抱き、彼が世界に進出できないよう妨害を働きかけ、結果、バリオスは生前は世にでることができず、公演先のサルバドルにおいて、ほぼ無一文で野たれ死にをしたという話を聞いたことがある。

エリアスの変わり果てた姿を見て、自分はなんとなくこの話を思い出した。

バリオスのこの一件が本当のことなのかどうかは実際わからない。が、こういうことがあってもまったく不思議ないのが、今も昔も変わらず魑魅魍魎としたエンターテインメント業界だ。

バリオスの作曲というのは、ヨーロッパのロマン派の響きに少々南米の風味が加わった程度で、およそヴィラ=ロボスのそれと比較できるようなものではない。彼の音楽が後年知れ渡るようになったのは、ひとえにクラシックギターに(今も昔も)良いレパートリーがないことに帰依する。狭くアイソレートされたギターの世界ではなく、広い範囲の音楽全般の目からみれば、その作風はきわめて中途半端なもので、およそ南米大陸を表現したギターサウンドとは言えない。自分は彼の音楽に特に何も感じるものがないので、一度も弾いたことがなく、大成功をおさめたパラグアイ公演でもプレイしなかった。

しかしそれでも、バリオスが傑出したギタープレイヤーであり、この時代の南米にあって一歩も二歩も先を進んでいたことには間違いない。人間としても大変尊敬できる人物だったと聞く。
高い音楽教育に裏付けされた素晴らしいギタープレイを、先住民の装束に身を包んでリサイタルを行うなどという発想は、よほどの人物でなければでてこないだろう。彼は生前、香り高いヨーロッパのクラシック曲をアレンジしたものと、自身の南米作品をミックスして、通常ギターの単独公演では考えられない三部構成公演を実現した。

実は、これは自分もとても面白いと思い、一度、ニューヨークの人気スポット、水上コンサートホールのバージミュージックという会場におけるソロ公演で、この三部構成プログラムを実現したことがある。
リンクのページで、当夜のコンサートプログラムが見られるようになっているので、ぜひご覧いただきたい。これは、一風変わったバリオスへのオマージュである。

セゴヴィアには、バリオスの存在がさぞ脅威だったにちがいない。

どんな世界でもそうだが、ジェラシーほど恐ろしいものはない。エリアス・ベルミーロもまた、傑出しすぎた才能を持ったがゆえに、こうして不運に見舞われてしまったような気がしてならない。
いずれにしても、世界に出て嫌な思いをするよりも、ホームレスになっても故郷でのんびり暮らすほうが、もしかしたらよいのかもしれない。

自分は今でも,彼のデビュー盤ヴィラ=ロボス演奏集CD(ボトム写真)を愛聴しており、本当に世の中にこんなに素晴らしい演奏をするプレイヤーはいないと思っている。
その後、少し服装がよくなって、治療をはじめていると報道されたので、なんとか再起して、また素晴らしいプレイを聴かせてもらいたい。

ヴィラ=ロボスはバッハを、”世界をひとつに結ぶフォルクローレ”と言い、さらに「フォルクローレとは何か?」と問われると、”俺だ”と言い放ったという。
ユパンキ、バッハ、そしてこのグラン・カリオカ(偉大なるリオっ子)とぼく自身の作品を同じエネルギーとエモーションでひとつのコンサートでプレイするのは容易なことではないが、それこそが自分にとっての終生のテーマになるだろう。

上記の濱田さんとの対談のなかで、自分は、”ヴィラ=ロボスがバッハへの階段になった”と語っているが、今回の東京公演は自分にとって,いよいよバッハがヴィラ=ロボスへの階段になる番と言って間違いない。

ユパンキとヴィラ=ロボス。このふたりは、同じように南の地に生まれ、そしてバッハの啓示を受けた、ぼくにとって世界最高のギターサウンドクリエイターだ。