Al volver a Villa-Lobos II ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演②

***

No sé que cuantas veces he escuchado este maravilloso LP brasileño hasta este momento. Maria-Livia São Marcos, es una única guitarrista en el mundo de hoy, que me da la inmensa inspiración.

I don’t know how many times I’ve listened to this wonderful Brazilian LP up to this moment. Maria-Livia São Marcos. She is an only guitar player in the world today, who gives me a huge inspiration.

***

日本では全くと言っていいほど知られていないが、ブラジルにマリア・リヴィア・サン・マルコスという名のギタープレイヤーがいて、自分はこの女性の録音したブラジル盤L Pを何度聴いたかわからない。高度なテクニックと美しい音色が溶け合った、心が幸せで満ち溢れるような香り高く力強い演奏からは、本当に聴くたびに新鮮な感動を受ける。

このレコードは、1971年にブラジルで制作されたもので、自分がこの録音の存在を知ったのは、それから30年以上も経ってからのことだった。
もしこのレコードを少年時に聴くことができていたら、もしかしたら自分はクラシックのプレイヤーを目指していたかもしれない。若い頃のユパンキや、やはりアルゼンチンのマリア・ルイサ・アニードらもそうだが、南米のプレイヤーというのは、まったくギターに対して(北半球の奏者とは)違うアプローチをする。なぜなのかはよくわからない。南米人であるということしか解釈のしようがない。それは見事なナチュラル・サウンドとなって心に響きわたる。

自分は13歳のときにユパンキを聴いてショックを受け、16歳で鈴木巌先生にクラシックギターを習い始めたが、当時、主流だったクラシックの奏者衆のなかで、”俺もこんな音楽が弾きたい!”と思わせるような、遥か南国の巨匠作品の演奏をするものは、残念ながらひとりもいなかった。

クラシックギターの重要なレパートリーである「12のエチュード」や「5つのプレリュード」などは本当にただただ難解で、ぜんぶ聴くのはほぼ拷問に等しいような退屈きわまるものでしかなかったが、ずっと後になって、マリア・リヴィアのプレイを聴き、自分はようやく「ああ、これはブラジルの風や植物、そして自然界に暮らす生き物たちの生命に溢れる歌声なのか!」と目から鱗が落ちる思いだった。

この優れた女性プレイヤーは、米エヴェレストや、仏BAMなどでクオリティーの高いレコードを次々に発表したが、そういったものは全く日本に伝えられることはなかったようだ。

と、いうわけで、ヴィラ=ロボスなどといえば、長きにわたって、自分にとって最も面白くない音楽の極みのようなものに過ぎなかったが、それを変えたのが、ニューヨークに暮らす、あるアメリカ人ソプラノ歌手との出会いだった。

詳しくは、ぜひこちらの濱田滋郎さんとの対談インタビューを読んでいただきたい。

今回の11/21東京公演では、クライマックスにブラジルのヴィラ-ロボス作品4曲をプレイする。決してマネをするわけではないが、彼女のような、聴く人が心地よくなってくれる演奏を是非試みたい。

***

Para mi, al tocar a Villa-Lobos significa al tocar a Las Américas. En el medio de la selva brasileña, sobre las ramas cantan los pájaros al estilo de Bach….

To me, to play “Villa-Lobos” means to play “South America.” In the evening, in the middle of the jungle, you will hear all the birds above the trees start to sing Bach’s melody.

自分にとってヴィラ-ロボスを弾くということは「南米」を弾くことを意味する。
夕暮れのアマゾンの奥地に足を踏み入れると、ジャングルに暮らす小鳥たちが、樹々の枝の上でバッハの調べを歌うのが聞こえてくる。

***

* Al volver a Villa-Lobos I ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演①

* Al volver a Villa-Lobos II ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演③

* Al volver a Villa-Lobos II ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演④