Al volver a Villa-Lobos III ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演③

***

“I create music out of necessity, biologically necessity. I write music because I cannot help it.”

_Heitor Villa-Lobos (b. March 5, 1887 – d. November 17, 1959)

***

“Creo música por necesidad, biológicamente por necesidad. Escribo música porque no puedo evitarlo.”

_Heitor Villa-Lobos (n. 5 Marzo, 1887 – m. 17 Noviebre, 1959)

***

“私が音楽を創造するのは、生物的に必要に迫られるからだ。そうせざるを得ないから、私は作曲をするのだ。”

エイトル・ヴィラ=ロボス(1887年3月5日-1959年11月17日) 

***

アメリカの”ギタープレイヤー誌(1981年7月号)”で、プレリュード1の分析(!)と、巨匠の興味深い言葉とともに紹介されたヴィラ=ロボスの記事。

アメリカは奥が深い…

三週間後に迫った東京公演は、第2部のオープナーとして、もともとピアノのために書かれた美しいナンバー「トリストローザ」と、おなじみブラジル民謡組曲の「マズルカ風ショーロ」を、上記動画のようにメドレーでプレイし、その後、公演タイトルである新作組曲「ソレダー・モントヤの黒い哀しみ」をプレイした後、「ワルツ風ショーロ」、「プレリュード3&1」をたて続けに弾き、そしてクライマックスを、ユパンキの詩による歌入りの「ヒロシマ〜忘れえぬ町」でしめるというプログラム。

自分はようやく、世界でも類を見ないこのプログラムで公演を行う準備ができたと信じている。

いずれにしても、他のクラシックの奏者衆とはアプローチの異なる”アルゼンチン風”ヴィラ=ロボスに乞うご期待。
ヴィラ=ロボスはブラジル、そして自分が愛してやまない南米の最大のフォルクローレだ。

***

動画でプレイしているギターは、スペインのホアン・エルナンデスというとても優れたクラシック用の楽器だが、数年前、東京の黒澤楽器のクラシックギターフロアーの皆様のご招待を受け、このギターを使って演奏するイベントを行い、その突き抜けるような音色の素晴らしさと、サウンドバランスの良さに魅了され、以来そのままずっと使用させていただいている。

高音は弾きこんでいるうちにさらに鳴るようになり、また、ネックの握りがとても細いため(自分が所持している楽器はみなネックがとても太いので、エルナンデスは最初、エレクトリックギターを持ったような感じがした)とても弾きやすい反面、自分のようなアタックの強い弾き方だと、はじめのうちはかなり低音がビビったが、低音三弦にハードテンションの弦を張ってビシバシ弾いているうちに、なんともドスの効いたいい感じになってきた。楽器というものは生きているのだなあとつくづく思う。
良い楽器との出会いを作ってくださった黒澤楽器の皆様にたいへん感謝している。
二年前のニューヨーク国連公演でも、その素晴らしい歌声で自分を助けてくれた。

***

* Al volver a Villa-Lobos I ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演①

* Al volver a Villa-Lobos II ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演②

* Al volver a Villa-Lobos II ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演④