Al Volver a Villa-Lobos IV ヴィラ=ロボスへの帰還と11/21東京公演④

***

Un gran regalo de una persona que antes trabajaba para la prensa brasileña. Esa foto original es la que fue publicado a un diario de Rio de Janeiro a los años cincuenta.

A great gift from a person who worked for the Brazilian press. This is an original picture which was published for the Rio de Janeiro newspaper in 1950.

かつてブラジルのメディアで働いたことのある、ニューヨークのある知人からの素敵なギフト。
1950年代に、実際にリオの新聞に掲載されたオリジナル写真で、自分はこうして額に入れ、大切にニューヨークの部屋に飾っている。

***

***

Hay ‘cinco secretos para interpretar a cinco preludios.’ Eso primeramente fue informado directamente a Maria Luisa Anido, la excelente guitarrista argentina, por Villa-Lobos el mismo, y luego Maria Luisa los contó a maestro Iwao Suzuki, y después finalmente maestro Suzuki me ha informado sobre ese un hecho invaluable. Probablemente yo te voy a contarlo cuando haga un evento para interpretar ‘todos cincos’ en en el futuro cerca.

There are ‘5 secrets for interpreting 5 Preludes‘ which went first informed directly to Maria Luisa Anido, an superb Argentine guitarist, by Villa-Lobos himself, and later Maria Luisa told this priceless fact to maestro Iwao Suzuki (my teacher,) and then maestro Suzuki told me about it. probably I will tell you when I give a concert to perform ‘all five’ in the near future.

プレリュード第5番には、”リオの社交界のヤング・ジェネレーションへのオマージュ”という副題があるが、自分はよくこの意味と曲想がわからず、最初、あまりこのナンバーを好きになれなかった。が、今年の8月、残念ながらこの世を去られた恩師・鈴木巌先生が、10年ほど前に「史朗くんには話しておいたほうがよいだろう」とおっしゃって、かつてヴィラ=ロボスがアルゼンチンのクラシックギタープレイヤーのマリア・ルイサ・アニードに語り、それをアニードが、親しかった鈴木先生に伝えたという、いわば五つのプレリュードの極意秘伝を話してくださった。

自分はそれを聞いてたいへん驚き、そしてこの第5番プレリュードを心から理解するようになった(5番と1番プレリュードの副題は、殆ど謎かけに等しい)。
この動画は、その秘伝をもとに、自分流の解釈でプレイしたものだ。

鈴木先生は、自分が先生の教室を離れた後も、こうして常に素晴らしい師匠であり続けて下さった。アニードのような優れたプレイヤーは、この日本の音楽家がいかに素晴らしいかすぐに理解し、そして秘伝を授けてくれたのだろう。良い人柄の、尊敬すべき女性だ。

自分は、この世界一のクラシック・ギタープレイヤーに指導を受けたことを、今も心から幸せに、そして誇りに思っている。

先生がどれだけの人々にこの秘伝を伝えてこられたのかは、もう知る術もないが、第5番解釈の極意は、実は、リオの新聞に掲載されたこの写真にある。

今回自分は、11/21東京公演で、この5番プレリュードを、ユパンキの「ベンゴ・ア・ブスカール・ミ・カバージョ」と、コンサート・オープナーとして続けてプレイすることを考えたが、修練を重ねるうちに、まだ時期尚早と判断し、もう少々先に向け、このアイディアを保留することにした。

ユパンキとヴィラ=ロボスには、ともにバッハをこよなく愛し、そしてそれぞれの母国の音楽文化に深い愛と精神を注ぎ、それらを芸術的に世界的レヴェルに昇華させたという素晴らしい共通点があるが、この南米生まれの巨人ふたりの音楽を、ひとつの公演で全く同じエモーションとエネルギーでプレイするのは決して容易なことではなく、決して安易に考えてはならない。
それは自分にとってのライフワークとなるだろう。

近い将来、一つの公演において、自分は五つのプレリュードを全曲プレイするつもりでいる。
ヴィラ=ロボス→アニード→鈴木先生と伝わった「5章の極意秘伝」、その際にすべてお話ししようと思う。

それでは皆様、11月21日東京公演でお目にかかりましょう。

¡Te veo pronto!

***

* Al volver a Villa-Lobos I ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演①

* Al volver a Villa-Lobos II ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演②

* Al volver a Villa-Lobos II ヴィラ=ロボスへの回帰と11/21東京公演③