‘J.S.Bach’ played by Atahualpa Yupanqui ユパンキ編曲 ’主よ、人の望みの喜びよ’

***

No hay artistas que amen Bach como lo hizo Atahualpa Yupanqui. Es una de las mejores interpretaciones realizadas por un humano.

There’re no artists who love Bach like Yupanqui did. This is one of the finest interpretations done by one man.

ユパンキほどバッハを愛し、深く理解し、独自のスタイルで演奏したプレイヤーはいない。これはひとりの南米人による、人類最高のバッハ・インタープレテーションのひとつと言えるだろう。

***

Jesús, Alegría del Hombre

Música: J.S.Bach.
Arreglo: Atahualpa Yupanqui.
Transcripción: Shiro Otake

Quiero que disfrutes si tocas guitarra!
Voy a estrenar esta maravillosa versión de ‘Jesús, Alegría del Hombre’ en la sala mayor de Yamaha Hall, el 3 de abril de 2020.

Jesu, Joy of Man’s Desiring

Music: J.S.Bach
Arrange: Atahualpa Yupanqui
Transcription: Shiro Otake

Enjoy, if you play guitar!
I will be premiering this wonderful version during my concert at Yamaha Hall, in April 3, 2020.

主よ、人の望みの喜びよ

作曲:ヨハン・セバスティアン・バッハ
編曲:アタウアルパ・ユパンキ
採譜:大竹史朗

ユパンキが、6弦をDに下げたアレンジを施してプレイしたバッハのマスターピースがとても素晴らしく、これは後世に残した方がよいと思い、レコードから採譜した。
ギターの心得がある方は是非楽しんでもらいたい。誰もが知る名曲なので、来春4/3のヤマハホール公演では、ぜひプログラムに入れたいと思う。

ユパンキとヴィラ=ロボス。
バッハを何よりも愛した、この南米のふたりの巨人は、このように後から楽譜がついてくるような作曲スタイルによって、風や川、そして動植物ら自然界の隣人たちの美しい歌声を音楽にし得た、最も稀有で傑出したサウンドクリエイターといえるだろう。

***

Aun hay unas partes que son diferentes que la transcripción, es la versión que he tratado tocar más posible para acercarse a la interpretación del gran maestro. De todos modos Don Ata no vio la partitura importante, y tal manera no es fácil descubrir los tonos que él tocó perfectamente en el papel.

Although there’re some parts are different from my transcription, this is the version I tried to reach his great interpretation as much as possible.
As a matter of fact, Atahualpa Yupanqui didn’t view the sheet music important, so it’s not easy to describe all the tones he played 100% perfectly on the paper.

上記の楽譜と動画では、少々異なる部分がある。
ユパンキは楽譜というものを全く重要視しなかったので、彼が出した音を100パーセント正確に、リズム通り譜面上に表記するのは容易ではない。これは、自分で採譜した楽譜をもとに、できるだけ巨匠がプレイしたものを忠実に再現したヴァージョン。
理屈で考えると、オリジナル版の8分の9拍子と、ユパンキ必殺の(ミロンガ風)4(2?)拍子が混合した変則リズムだが、そういった感じが全くしないのは、やはり最高峰のグラン・マエストロの感性の素晴らしさだろう。
決してメチャクチャにはならず、しっかりとリズムキープがなされている。

音の流れを感じ取ったら、いわゆる「譜割り」にとらわれず、巨匠になった気分で自由にプレイするのが良い。
自分もこれからさらに精度を上げ、ユパンキのような自由なリズム感覚で、森の鳥たちが歌うようにプレイするつもりだ。

MERRY CHRISTMAS 🎄🎅🎁‼️