Miguel Hernández: A Federico García Lorca, Elegía primera  ミゲル・エルナンデス「ガルシア・ロルカに捧げる第一の悲歌」

来春3月17日、東京オペラシティ・リサイタルホール公演のプログラムを下記のように決定した。

第一部

1 バッハ・インプロヴィゼーション第1番
  「エル・バイラオール ~アントニオ・ガデスへのオマージュ~」 
                          / 大竹史朗

2 栗毛の馬 / アタウアルパ・ユパンキ、パブロ・デル・セーロ

3 ペペのサンバ / 大竹史朗

4 主よ、人の望みの喜びよ / ヨハン・セバスティアン・バッハ

5 トゥクマンの月 / アタウアルパ・ユパンキ

6 風が歌う地 ~アタウアルパ・ユパンキへのオマージュ~
                      / 大竹史朗 
  
 
 
第二部

7 ガルシア・ロルカに捧げるバラーダ第1番 
  「シルヴェリオ・フランコネッティの肖像」 / 大竹史朗

8 組曲「SONOKO ~園子~

  a)異形の幻影
  b)軽井沢のロマンス 
  c)不在           / 大竹史朗

9 ガルシア・ロルカに捧げるバラーダ第2番 
  「ロメリーア ~神楽~

  a)イェルマ 
  b)ソレア
  c)ガルシア・ロルカに捧げる第一の悲歌(エレジー)
                / 大竹史朗 

***

このコンサートの第二部でプレイする三曲は、すべて初演のギターソロ

今回は、そのクライマックスとなる、朗誦と、日本舞踊を基調とするモダンダンスを伴う「ガルシア・ロルカに捧げるバラーダ第2番」の第三楽章「ガルシア・ロルカに捧げる第一の悲歌(エレジー)」のイメージビデオ(限定公開)を、トップにリンクした。

***

これは、ロルカ同様、フランコ独裁政権の犠牲となって獄死したスペインの田園詩人、ミゲル・エルナンデスが、盟友ロルカの死を悼んで書き上げた詩を、朗誦によってフィーチュアーするパート。
ロルカ銃殺の悲報を受けたエルナンデスが、どんなにおぞましいショックを受け、そして悲嘆にくれたか、まさに何かに突き刺されて息を止められたかのように理解できる、痛切な内容の詩だ。

ビデオには、日本語字幕をつけてある。

いまアメリカでは、銃器による殺人のニュースを聞かない日がないほど、全米各地で、この愚かな人類が創造した忌まわしい武器が、日々無差別に市民の命を奪い続けている。
もちろんそれは、アメリカだけではない。

この曲は、こうして人の命をごく簡単に奪ってしまう銃火器の恐ろしさを、改めて僕なりにメッセージとして伝えたもの。

また、ロルカへのオマージュといえばフラメンコという、おそらくロルカ本人も望まない誤った常識を打ち破る新たなギター音楽を、僕自身、第2部冒頭曲としてプレイする「シルヴェリオ・フランコネッティの肖像」によってようやく探しえた自分自身のギターの音によって、皆様に楽しんでいただく公演として、僕は今回の公演を、いままでのどのコンサートよりも楽しみにしている。

動画に使用しているのは、日本の名工・中出阪蔵さん1978年製作によるギター。

イタリアの濃厚なハチミツと、アンダルシアのレモンが融け合い、南米の静寂のグロリエータ(四阿)を感じる”あたたかみのある優しさと、金属的な鋭さを兼ね備えたこのサウンドは、他の楽器では出せない。

***

と、話が堅苦しくなったので、お気に入りのニューヨークの床屋さんから「オーラ!アミーゴ!

月曜日から木曜日の間、13時~15時の間に行くとカット15ドル
カッチリ七三にされるが、これはあとでどうにでもなり、技術は極めて高い。

もちろん予約の必要なし。
入店から退店までの総所要時間は、水をぶっかけてジョキジョキ切るだけなので10~15分。

ただ、ニューヨークのフォレストヒルズの自宅から、この理髪店が入っている郊外のショッピングセンターとは、実は16キロ(!)も離れており、僕の家が東京にあるとすると、なんと車で川崎あたりまで髪を切りに行っているということに最近気がついた(*_*)

アメリカは言うまでもなく広大で、加えてハイウエイの発達度が日本の比ではないので、こういう距離間隔の麻痺が日常茶飯事として起こる。
川崎までわざわざ床屋に行っているという感覚はまるでない。