「フランシスコ・タレガ」タグアーカイブ

シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ” II

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バッハの”プレリュードBWV996″、そしてタレガの”ラグリマ(涙)”と続いたクラシック・スペシャル。
お楽しみいただけましたか?
今日はそのファイナル・ショウダウン。
私が、その様式美にあふれたドラマティックな曲想とスペクタクル性において、特に抜きんでていると思ういくつかのクラシックギター作品の中でも、アグスティン・バリオス・マンゴレの”ラ・カテドラル(大聖堂)”、そしてエイトル・ヴィラ=ロボスの”五つのプレリュード”とならんでもっとも好きなナンバー、フランシスコ・タレガの”アラビア風奇想曲”をお聴きいただきます。
(コンサートのプログラムとして演奏したことはいままで一度もありませんが、本番前のサウンドチェックにおいて、必ず一度か二度全編とおして弾くのがこのナンバー。 写真は、カーネギー・ワイル・リサイタルホールのステージで”アラビア風奇想曲”をリハーサル中の私です。)

続きを読む シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ” II

シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FMインタビューのために行った、クラシックギター・レパートリー3曲の特別録音。
前回は、バッハの傑作、”プレリュードBWV996″をお楽しみいただきました。
今日は、今年2009年が、ちょうどその没後100年を記念する年にあたる、スペインに生まれた”近代ギター音楽の父”、フランシスコ・タレガのペンになるギター曲をお聴きいただきます。

続きを読む シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ”