García Lorca & Synthetic Performing Arts 総合舞台芸術によるガルシア・ロルカ

***

Zorongo Gitano

~Una improvisación sobre el tema Lorquiano (An improvisation on Lorca’s theme)~

1. Zorongo
2. Danza (improvisación)

‘Zorongo’ composed by Federico García Lorca (arranged by Shiro Otake)
‘Danza’ composed by Shiro Otake

Dance performance by CHANGMU Modern Dance Company

Recorded live at:

Galaxy Lounge (Asuka II) -June, 2018-
Yamaha Hall Tokyo -April, 2014-
and Main Hall at Teahak-ro Performing Arts Center -September, 2017-

Video created by Shiro Otake

ジプシーのソロンゴ

〜ガルシア・ロルカの主題によるインプロヴィゼーション〜

1 ソロンゴ
2 ダンス(インプロヴィゼーション)

’ソロンゴ’作曲:フェデリコ・ガルシア・ロルカ(ギターソロ編曲:大竹史朗)
’ダンス’作曲:大竹史朗

ダンス・パフォーマンス:チャンム(創舞)現代舞踊団

収録:

ギャラクシー・ラウンジ(飛鳥II)2018年6月
東京銀座ヤマハホール 2014年4月
テハンロ・パフォーミングアーツセンター大ホール(ソウル)2017年9月

ビデオ編集:大竹史朗

***

***

Danza del Ángel (Dance of the Angel)

~Una improvisación sobre ‘Adagio BWV. 1001 (J.S. Bach)’~

Music created by Shiro Otake

Dance performance by CHANGMU Modern Dance Company

Recorded live at:

Galaxy Lounge (Asuka II) -June, 2018-
and Main Hall at Teahak-ro Performing Arts Center -September, 2017-

Video created by Shiro Otake

天使の踊り(イベロアメリカーナ舞曲)

〜バッハの’アダージョBWV. 1001’によるインプロヴィゼーション〜

作曲:大竹史朗

ダンス・パフォーマンス:チャンム(創舞)現代舞踊団

収録:

ギャラクシー・ラウンジ(飛鳥II)2018年6月
テハンロ・パフォーミングアーツセンター大ホール(ソウル)2017年9月

ビデオ編集:大竹史朗

***

Lo que me gustaría crear es, una función de mi creación ‘Lorquiana,’ junto a mi música, danza, y canto.
Estos dos videos, y los otros como ‘Fantasía La Guitarra,’ y ‘Suite Romancero Gitano‘ serian parece mi punto de salida así llamado.

What I’d like to create is, a live performance of my ‘Lorquiana’ creation with my music, dance and vocal numbers.
These two videos and also the other ‘Fantasía La Guitarra,’ and ‘Suite Gypsy Ballads‘ would be my departure point so called.

自分が今いちばんクリエイトしたいもの。
それは、ガルシア・ロルカの詩に霊感を受けた自分自身の音楽に、ダンス、さらに歌手のパフォーマンスを組み込む総合舞台芸術だ。

このふたつの動画、および「ラ・ギターラ幻想曲」、そして「組曲ロマンセーロ・ヒターノ(ジプシー歌集)」は、その出発点になるものだと思う。

Adivinanza de la Guitarra (Riddle of the guitar) ギターの神秘

***

1. Adivinanza de la guitarra (Riddle of the guitar)
2. Las seis cuerdas (The six strings)
3. La guitarra (The guitar)

Music created & performed by Shiro Otake

1.ギターの神秘
2.六本の弦
3.ギター

作曲と演奏:大竹史朗

En la redonda
encrucijada,
seis doncellas
bailan.
Tres de carne
y tres de plata.
Los sueños de ayer las buscan
pero las tiene abrazadas,
un Polifemo de oro.
¡La guitarra!

***

At the round
crossroads,
six maidens
dance.

Three of flesh,
three of silver.

The dreams of yesterday search for them,
but they are held embraced
by a Polyphemus of gold.

The guitar!

***

円形の十字路で
六人の乙女たちが 踊っている

そのうち三人は生身のからだ
あとの三人は 銀をまとっていた

過ぎ去った夢が 彼女たちを探す
しかし 彼女たちは
金色のポリペイロスに 抱きしめられていた

日本のラテンアメリカ番組での紹介 そして青の時代からキュビズムへ

***

ラテンアメリカに精通するベテラン・エキスパート・ジャーナリスト、伊高浩昭(いだかひろあき)さんが担当する番組で、たいへん大きな紹介を受けた。
この場を借りて、伊高さんに厚く感謝申し上げたい。

ぼくにとって、ユパンキの音楽とは、かけがえのない”基盤”であり、そしてひとりのアーティストのはしくれとしては”青の時代”を象徴するものだ。
これからは、魂の込められたユパンキのギター音楽を、自分なりに発展させた”キュビズム”をクリエイトしてゆくのが、僕の役目だと思っている。

これは、その”キュビズム”の第一歩的作品。

***

これは、ガルシア・ロルカの傑作詩集「ロマンセーロ・ヒターノ(ジプシー歌集)」におさめられた三篇の詩に霊感を受けて作曲したものを三部構成としてつなげたギターソロ絵巻。

小品の「ジプシーの尼僧」、中篇の「黒い悲しみのロマンセ」、そして、それ自体が三楽章形式を持つ大作「愛の死」を終曲として置いたものだが、いま僕は、ロックの女性歌手が歌う”賛美歌”風にアレンジを施す作業をしている。

第二次大戦終戦前後に生まれたイギリス人の若者たちはみな貧しく、その生活の中で、多くがアメリカの黒人たちのブルースを心底理解し、それが60年代半ばから70年代中盤にかけて開花したブリティッシュ・ハードロックへと展開した。

僕は今でも、この時代のイギリスのロッカーたちが、そもそも体に持っているキリスト教やケルト文化に、アメリカのブルースを取り入れ、ライヴステージではインプロヴィゼーションを重んじたプレイで20分、30分に渡るパフォーマンスを繰り広げたのが、世界最高の音楽だったと思っている。

エレクトリック・ギターに持ち替えたり、アンプでバカでかい音にしたりすることなく(そして決して時代錯誤にならないように)、僕はこれから、この70年代のロック最高の時代の雰囲気を自分の音楽に導入してゆくつもりだ。

日本にも、カルメン・マキのような芸術家女性シンガーがいた。

今の時代、もうこういうタイプのシンガーは決して多くないと思うが、こういった(ブラックレザースーツがバシッとキマるような)女性歌手を探すところから、僕の今後の音楽クリエイションは始まる。

***

これは、僕が子供の頃からずっと持っているLPレコードで、元ディープパープルのキーボードプレイヤー、故ジョン・ロードが、1974年、仲間のロッカーたちとともに、日本の”連歌(れんが)”をモチーフに作った、A面B面あわせて2曲のみの前衛ロック・ライヴ・スペクタクル・アルバム。

決して最高の出来ではなく(スミマセン)、すでに現在、この音楽の存在を知る人は殆どいないと思うが、いかにも当時の若い芸術家たちの、ひたむきな精神を偲ばせる発想がいい。

Muerto de Amor (Death of Love) Complete LIVE ガルシア・ロルカの前衛と幻想の炸裂「愛の死」全曲コンプリート・ライヴ(日本語字幕)

***

La versión completa en vivo de ‘Muerto de Amor,‘ mi obra suite con 3 partes inspirada con dos partes por la maravillosa poesía de Garcia Lorca.

The complete live version of ‘Death of Love,’ my three parted suite for solo guitar inspired by Garcia Lorca’s stunning poem.

***

全曲コンプリート・ヴァージョン(4.14.2017)による、ガルシア・ロルカの傑作詩「愛の死」に霊感を受けた、3部構成によるギター組曲

パンデミックのなか、もがく人間たちをあざ笑うかのごとく、いまアメリカでは、まさに”天からの試練”ともいうべき、自然災害も含めた数々の惨事が続いている。

「愛の死」は、光り輝く天空の世界と、魑魅魍魎(ちみもうりょう)とした人間界が、ずば抜けた幻想、そして前衛感覚によって、時空を超越して激突するような作品。

日本語翻訳は困難で、残念ながら(字幕に記した)僕の訳はベストとは言えないが、畏敬の心を持って天を崇め、天によって生かされている地球人としての自覚を問われるこういった文学こそが、いまの世の中で、あらためて見直されなければならないものではないだろうか?

「愛の死」がおさめられている詩集「ロマンセーロ・ヒターノ(ジプシー歌集)」を読むと、ロルカにとってジプシーとは、きわめて優れた、宇宙に起源を持つ民族であることがよくうかがえる。

ロルカはかつて、こう語った。

”私はジプシーではない、私はアンダルシア人だ、このふたつはよく混同されるが、アンダルシア人がどこかジプシー的であることは否めない。では、私にとって最もジプシー的なものはなにか?それは本と文学だ。”

***

僕は現在、(ブラック・レザーのスーツがバシッとキマるような!)女性シンガーに歌ってもらうべく、この組曲のメロディー部分にロルカの詩をうまく乗せ、ひとつの歌にする作業を行っている。

スペインの優れたギター、ホアン・エルナンデスは、よく僕のプレイに反応し、素晴らしいサウンドで鳴ってくれる。
ここにあらためて、東京のクロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロアの皆様に、感謝の意を表したい。

Le Gitan New Yorkais avec la Solitude et la Passion

Top