Bach-Lorca Improvisation 4 “Romancero Gitano (Gypsy Ballads)” バッハ ロルカ・インプロヴィゼーション❹「ジプシー歌集」

***

Introduction: Prelude (Lute Suite I BWV. 996) / J.S. Bach
1. Romance de la luna luna (Ballad of the moon, moon)
2. La monja gitana (The gypsy nun)
3. Romance de la pena negra ~Soledad Montoya~ (Ballad of the black grief)
4. Muerto de amor (Dead from love)

All the music (except “Prelude” by Bach) created by Shiro Otake “le Gi♰an”
Dance performance by Changmu Modern Dance Company
Japanese calligraphy by Masako Inkyo
Paintings by Julio Romero de Torres

イントロダクション:前奏曲(リュート組曲第1番)/ J.S. バッハ
1 月のロマンス
2 ジプシーの修道女
3 黒い哀しみのバラード(ソレダー・モントーヤ)
4 愛の死

作曲 (1~4) & 演奏:大竹史朗
ダンス:チャンム現代舞踊団
絵画:フリオ・ロメロ・デ・トーレス
書:院京昌子

***

一月に一度、ファンクラブの会員の皆様にお送りしているニュースレター(5月28日付、第33号)に対し、会員のある女性から、以下のような嬉しいお返事を東京の事務局に受けた。

初めて送信させていただきます。

64歳で、やっとチェロを始めました。
大好きなバッハ無伴奏曲、弾けるまで頑張りたいと思います。

銀座ヤマハホール(今年の12・8)、楽しみです。

この女性は、ニュースレターにリンクして、ファンクラブの皆様だけに(日本語字幕付きで)ご覧にいれた「無伴奏チェロ組曲第5番アルマンド」をインプロヴァイズさせた「黒い哀しみのバラード(ソレダー・モントーヤ)」を聴いてお便りをくださったのだが、こういうメッセージをいただくと、自分はとても嬉しい。
ミュージシャンをやっていて本当に良かったと思える。

この場を借りて、ご連絡に心から感謝申し上げるとともに、バッハの真髄「無伴奏チェロ組曲」のプレイが必ず将来叶いますよう、ニューヨークから応援しています。

***

今回は、ガルシア・ロルカの傑作詩集「ロマンセーロ・ヒターノ(ジプシー歌集)」におさめられた作品の中で、僕が最も感銘を受ける四篇の詩を音楽化、そして冒頭に、やはり僕が、無伴奏曲同様心酔する、バッハの傑作曲「リュート組曲第1番プレリュード」を置いて構成したギター組曲。

やはり、このリュートのためのプレリュードを使い、前半と後半二つに分けて真ん中にインプロヴィゼーション・パートを入れたイェルマに対し、今回の「ジプシー歌集」は、まず、この傑作曲を全曲ライヴでプレイしたものを聴かせ、そのあと四つの展開部に繋げている。

バッハ・インプロヴィゼーションによる、すべて僕自身の作曲による四つのギター曲は、現在の僕のすべてと言い切れるサウンドだと思うが、なぜ僕が、これほどまでにロルカとバッハにこだわって音楽のクリエイションを行うのかは、すべてこのビデオの冒頭の、ロルカの言葉にある

今回は、日本語字幕をいれたものを一般公開した。

***

僕は、ユパンキの生誕100年を記念してアルゼンチンで発表された書籍「ユパンキに再会するための手引き」(ダウンロードして読める)のなかで、アルゼンチンから二人、そしてブラジルからの一人のアーティストとともに、四名の真の直系として熟考されるアルームノ(門弟)のひとりとして選ばれ、2014年には、アルゼンチン、コルドバ州政府より「ユパンキアーノ(ユパンキに深く傾倒し精通する芸術家)」の表彰を受けたが、僕にとってユパンキの道をゆくということは、ただ巨匠の音楽をそのまま弾くことではない。

これらについては、巨匠の音楽をきちんと理解し、そして世界的に恥ずかしくない水準でプレイできた上で、さらにそれとは異なるアプローチと角度によって、新たな生命とともにその精神を伝えられるサウンドを創ろうとする、決してモノマネではない姿勢が、おそらく評価を受けたのだろう。

いつか自分は、”Vengo a buscar mi caballo“や、 “Vengo a dejar“、そしてユパンキ作品の極致といえる “Quisiera tener un monte“などのインタープレテーションを試みると思うが、いまはまだその時期ではない。なぜなら今これらの曲を演唱しても、単なる真似の域から出ることはできないからだ。

***

ニワトリたちが大地をつつき始める オーロラの夜明け
ジプシー娘、ソレダー・モントーヤが 暗い山を下るとき
その銅色のからだ、豊かな胸から 馬と影のにおいが滲み出し
円形の 呻きの歌がひろがる

ソレダー、あんたなんだって こんな夜明けにたった一人で歩いてるの?

あんたには関係ないでしょ
あたしはあたしの喜びと あたし自身の喜びを探してるんだから…

***

いまの僕にとってそのアプローチと角度とは、このジプシー娘、ソレダー・モントーヤをはじめとするロルカの世界だ。そして、決して自信過剰と思っていただきたくないが、自分はこれから、ユパンキ自身も敬愛してやまなかったガルシア・ロルカに霊感を受けた、世界一のギター曲をを創る。

それができないようでは、ユパンキの真のアルームノという言葉に本当に価するプレイヤーになることなど、到底ありえない。

今年の12月8日に、銀座ヤマハホールにて初演予定の「レクイエム~愛の死~」は、ソプラノ歌手によるアヴァンギャルド歌曲、そしてロックのフィーリングを加味したナンバー、さらに新解釈によるバッハ・インプロヴィゼーションが炸裂する(?!)おそらく現時点での最高のものをご披露できると信じている。

ご期待ください。

Bach-Lorca Improvisation 3 “Yerma” バッハ・ロルカ・インプロヴィゼーション❸「イェルマ」

***

1. Introduction (Prelude BWV. 996 -Part 1- / Johann Sebastian Bach)
2. ¿De dónde vienes, amor, mi niño? / Shiro Otake
3. El cielo tiene jardines / Shiro Otake
4. Finale (Prelude BWV. 996 -Part 2- / Johann Sebastian Bach)

Dance performance by Changmu Modern Dance Company

1.イントロダクション(バッハのプレリュードBWV.996‐パート1‐)
2.どこから来るの、私の坊や?/ 大竹史朗
3.空には庭がある/ 大竹史朗
4.フィナーレ(バッハのプレリュードBWV.996-パート2-)

***

La obra “Lorquiana” entre mis originales, que me gusta más en este momento.

My best favorite original “Lorquiana” work so far.

ガルシア・ロルカ・インスパーアード作品として、目下のところ最も気に入っている作品。

血の婚礼」、そして 「ベルナルダ・アルバの家」とともに、三大傑作戯曲として知られる「イェルマ」に霊感を受けた、オリジナル・インプロヴィゼーション二曲を導入したオリジナル・ギターソロ。

すでに公開している「ルシーア・マルティーネス~紅い絹の影のような女~」と「黒い哀しみのバラード~ソレダー・モントーヤ~」は、それぞれふたつとも、まずバッハのナンバーを冒頭にプレイし、それを後半インプロヴァイズしたものだが、今回の「イェルマ」は、傑作曲「リュート組曲第1番プレリュード」を、前半後半二つに分けたものをイントロダクションとフィナーレとして使い、その間に2曲のインプロヴィゼーションパートを導入する手法による作品。

「イェルマ」は、100年前のアンダルシアのある村を舞台に、子供を宿さない石女(うまずめ)イェルマが、じょじょに精神的窮地に追い込まれ狂気化し、ラスト、夫を殺してしまう悲劇だが、まさに”戯曲を書くために生まれてきた詩人”ロルカの、その類まれなる詩的情感と、無限の宇宙的感覚を備えた退廃美が全編にわたって泉のごとく湧き出で、そして炎のごとく燃え上がる最高傑作文学。
三大悲劇のなかでも最も完成された作風との評価も高い。

第3部「空には庭がある」で、圧巻のダンスを披露してくれるのは、2017年ソウルで共演した、韓国を代表する現代舞踊団「チャンム(創舞)」の四名の女性ダンサー。

彼女たちの、韓国のあらゆる伝統舞踊を習得した(アンダルシア文化の根幹を成す’カンテ・ホンド’と、韓国の’恨-ハン-’には大きな共通点を感じる)”ロルカ理解”と、それを体現できる高度な舞踊テクニックは、まさに圧倒的だった。

これまでのところ、僕の「ロルカ・パフォーマンス」は、彼女たちとのステージが、自分自身、最も満足のゆくものだと言える。

なお、こういったスペイン語字幕の入ったビデオ作品は、日本のファンクラブの会員の皆様のために日本語字幕をつけた、一般には公開していないヴァージョンを、一月に一度配信しているニュースレターでお送りしています。

僕の最新のインフォメーションは、このニュースレターが一番です。
まだご登録しておられない方は、ぜひファンクラブ・ホームページよりお申し込みください。
無料です。

Facebook deactivated. Facebook desactivado. フェイスブック今後のアップデートは東京事務局で

***

Después de tener muchos problemas, ya borré mi cuenta de Facebook por fin. Mas todavía la gente del sede de mi fan club en Tokio mantiene la cuenta para actualizarlo. Así que desde aquí a adelante, la chica de sede en Tokio te va a informar de todas mis noticias en FB.
(La pagina oficial que estas mirando ahora quedara igual.)
Desde un restaurante a la orilla del mar en Brooklyn, que me encanta mucho,¡Muchas gracias por tu atención como siempre!

After having the numerous problems, I finally have deleted my Facebook account very recently. However my Tokyo fan club headquarter still has an account, so from now on, all of my FB information will be given to you by HQ people instead of my self updating.
(The official website here you’re watching right now will remain the same.)
From one of my best favorite restaurantes in NY, located by the Brooklyn seaside, many thanks for your attention!

以前からあった、少々度の過ぎるヨーロッパの女性たちに加え、最近新たなトラブルもあったことで、数日前、フェイスブックの(僕個人の)アカウントを削除しました。
ただ、東京のファンクラブ事務局ではまだアカウントを保持しますので、今後は、すべての(フェイスブックの)ニュースは、自分ではなく東京でアップデートしてもらいます。
公式ホームページに関しては従来通りです。

ブルックリンの海の入江に面した、僕が最も好きなニューヨークのレストランのひとつより、皆様のご関心に心から感謝します。

La Guitarra de Garcia Lorca, junto a gran actriz 大女優と共演によるガルシア・ロルカの「ギター」

***

Una inolvidable actuación homenajeada al legendario español, junto a una de las mejores actrices en la historia del cine japonés.
(Subtitulada en castellano.)

An unforgettable homage performance for the Spanish legend, with one of the finest actresses in the Japanese film history.

香川京子さんの朗読による、ロルカの名篇「ラ・ギターラ」の東京におけるライヴパフォーマンス。

実は僕は高校一年生の時、はじめてこの詩を読んで深い感動に包まれ、はじめての作曲を行った。
この、日本映画界が世界に誇る大女優とともに初演したギター曲には、そのときの作曲の一部を使用している。

以前も書いたが、香川さんは若き日、かの名匠・溝口健二監督から「(相手役の演技者に対して)あなた、反射していますか?」と、きびしい演技指導を受けたそうだ。

このライヴパフォーマンスの前、僕は都内の香川さんのご自宅でリハーサルをさせていただいたが、香川さんの朗読とは、特に時間をかけてのリハーサルは必要ないと直感的に判断し、一時間程度あわせただけにとどめた。

結果、香川さんの朗読は、ギターのうねるような強弱、そして変化に富んだ緩急すべてに「反射」する、まさに圧巻のパフォーマンスだった。

***

蛇足だが、ビデオに登場する美しい花は、近所の通りに咲いているものを、アイフォンで録画して再生したもの。
前記の「ルシーア・マルティーネス」に登場する海辺の動画も、実はこのアイフォンで撮影したニューヨーク郊外の海

ニューヨークは今の時期、通りが美しい樹々や花でいっぱいになり、本当に心を和ませてくれる。

しかし、アイフォンは素晴らしい。
目下のところ、疑うことなく21世紀最大の発明だろう。

NJOY!

Bach-Lorca Improvisation 2 “Lucía Martínez” バッハ-ロルカ・インプロヴィゼーション❷「ルシーア・マルティーネス」

***

Lucía Martínez.
Umbría de seda roja.

Tus muslos como la tarde
van de la luz a la sombra.
Los azabaches recónditos
oscurecen tus magnolias.

Aquí estoy, Lucía Martínez.
Vengo a consumir tu boca
y a arrastrarle del cabello
en madrugada de conchas.

Porque quiero, y porque puedo.
Umbría de seda roja.

ルシーア・マルティーネス
紅い絹の影のような女

きみの腿は 光が影へと変わりゆく午後のようだ
黒い神秘の天然石が きみのマグノリアを暗くする

僕はここだ ルシーア・マルティーネス
夜明けの貝がらたちの時間に きみの唇を奪い
そしてきみの髪をかき乱しにきた

だって そうしたいから そうできるから
紅い絹の影のような女

***

僕にとって、無伴奏チェロ組曲第5番「アルマンド」とともに、そもそも書かれたオリジナル楽器の響きを最大にリスペクトしながら、ギターという楽器に新たな生命を与えることができ、そしてその機能性を最大に表現できるバッハ曲が、無伴奏ヴァオリンソナタ第1番「アダージョ」だ。

これは、いまもスペイン語圏をはじめ世界中の人々に愛され続けている、ロルカの静かな炎のように燃えあがる恋の詩に霊感を得、もはやバロック音楽などという言葉をはるかに超越した、壮大な宇宙的エモーションとエネルギーに満ちたこの傑作曲を前半に置いた、オリジナル・インプロヴィゼーション・ナンバーのイメージビデオ。

前半のスペイン語字幕による言葉は、ロルカのバッハ感が最大に表されたもので;

ジプシーの調べ(シギリージャ)は、風景を理想的に真っ二つに等分するすさまじい叫びではじまる。
その叫びはやがて、驚くべき正確に測定された静寂に向かうため停止する。
静寂は、天に向かって放たれた熱を帯びたユリの花の輝き。
するとそののち、無限の感覚を伴うバッハの旋律が現れる。
バッハの旋律は円形で、永劫のサークルのなかで繰り返し奏でられるが、
ジプシーの調べは地平線の彼方へと姿を消してゆき、決して下船をこころみないディオニュソスの魂が息づき、
そして完全な情熱を燃やすある点に向かって、私たちの手のなかから逃げてゆく。

日本語訳がとても難しいが、自分にとってこの言葉はすべてだ。

今後も、ロルカ-バッハ・インプロヴィゼーションを追求してゆきたい。

***

そして、続く第2部のインプロヴァイズ・パートに、上記の「ルシーア・マルティーネス」の詩を字幕に入れてある。

最初のバッハの「アダージョ」は、今年12月8日にも公演が決定している、2014年の東京銀座ヤマハホールにおけるリサイタルのオープニングとしてプレイしたもの。
僕がとても好きなベルギーの大ヴァイオリニスト、故アルテュール・グリュミオーがプレイしたレコードと、ほぼ同じ間合いでプレイしている。

このバッハをもし良くないという人がいたら、僕のレスポンスはごく簡単。
僕の音楽は聴かないほうがいいですよ”と、ひとこと言うしかない。

***

「ルシーア・マルティーネス」は、現在でも世界中の多くの女性たちが、この詩をテキストとして掲載し、赤いドレスを身にまとった写真をSNSに公開している。

"Le Gi♰an New-Yorkais" avec la Solitude et la Passion

Top