Una obra para flauta y guitarra 「ハンアの舞」ライヴによるアンサンブル作品

***

Una interpretación en vivo de ‘Danza de Hanga,’ mi obra con tres partes para flauta y guitarra, junto a Heesuk Kim, fue grabado en el hermoso templo budista en Tokio.
‘Hanga’en el nombre de una doncella de una historia leyenda de corea, que vive sola en la luna.

Danza de Hanga

1. Virgen de la Luna
2. Sanjyo ~ Blues
3. Danza

A special performance of ‘Hanga’s Dance,’ my three parted composition for flute (Heesuk Kim) and guitar recorded live at the beautiful buddhist temple in Tokyo.
‘Hanga’ is the name of maiden from a Korean legend story, living in the moon alone.

Hanga’s Dance

1. Maiden of the moon
2. Sanjyo ~ Blues
3. Dance

ソロ曲のように多くはないが、自分には他楽器とのアンサンブル作品がいくつかある。

これは、いまからちょうど7年前に、東京の公益財団法人・日韓文化交流基金のご招待を受け、四谷のハンマダン大ホールにおいて、韓国の優れたフルート・プレイヤー、キム・ヒスクさんとの共演で初演した三楽章組曲「ハンアの舞」を、本番公演三日前に、東京芝にある瑠璃光寺という美しいお寺の本堂で、後援会の皆さんに来ていただいてプレミア初演した際の動画。

第一楽章「月の乙女」
第二楽章「サンジョ〜ブルース」
第三楽章「ダンス」

ハンア(媗娥)とは、韓国の伝説に登場する、天上とも地上とも縁を断ち、ひとり孤独に月に暮らす乙女の名前。

第二楽章では、韓国の伝統楽器の音を模倣するため、ブルース・ロックに使用されるボトルネック・スライドバーを用い、サンジョ(散調)と呼ばれる韓国伝統音楽の形式によって、月に住む乙女の嘆きを表現し、これが後半アメリカのブルースに移行する展開は、自分でもとても気に入っている。

自分は、韓国の伝統音楽にとても惹かれる。

キム・ヒスクさんは、ドイツに長く学んだ、純然たるクラシックのプレイヤーだが、とても気が合う「ソウルの妹」のような女性。
自分の作る音楽をよく理解し(前日に一時間ほどリハーサルしただけでも)、こうしてすぐにパフォーマンスとして仕上げることができる。

ただし、そこはクラシックのプレイヤー。なんといっても楽譜を第一に必要とするので、自分のように楽譜をほとんど用いないプレイヤーにとっては、そこが唯一の頭痛のタネとなる。

通常なら、”ここはアドリブで”と共演プレイヤーに任せるところを、スローなところから、速いインプロヴィゼーション風パッセージに至るまで、曲中にあるすべての音を音符として彼女に伝えなければならなかったので、この曲の楽譜を書くのは大変だった…

ヒスクさんとは、この前の年に、ソウルのホールで’バッハ・イン・ラテンスタイルというジョイント公演を行い、フルートとギター用にアレンジしたユパンキの曲や、ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハのアリア、そしてピアソラのタンゴ物語などをプレイした。
この動画も手元にあるので、いつかご紹介したい。

¡Hiroshima! La Ciudad Que No Olvido (Atahualpa Yupanqui) ユパンキの「ヒロシマ 忘れえぬ町」

***

Aunque recién he sido recibiendo los mensajes muy emocionantes de la gente argentina a mi canal de YouTube, no he nunca recibido tan hermosas palabras como lo que fue dejado a un nuevo vídeo que publiqué hace unos días. Así que me gustaría compartirlo contigo.

***

No nos alcanza una vida para conocer las cosas interesantes que tiene el mundo. Agradezco haberte encontrado, gran Shiro. Me avergüenzo y pido perdón por no saber de tu existencia. Por suerte, el destino quiso que me cruzara con tu obra al buscar por el alazán que cayó al barranco. El caballo no murió en vano, hizo que yo me maravillase con tu obra y me convierta en tu admirador. ¡Gracias!

このところ、アルゼンチンで何か大きな報道でもあったのかなと思わせるように、同国の、しかもたいへん感覚的に優れた人々からユーチューブのビデオにコメントが寄せられるが、これは、最近アップした「ヒロシマ 忘れえぬ町」(2017年東京公演)に寄せられた、本当に嬉しいメッセージ。

スペイン語独特の劇的な表現が多く、あまり良い訳ではないが、日本語にしたものをご紹介したい。

文中にある’栗毛の馬’は、少年時代の自分の運命を変えた、崖から落ちて死んでしまった愛馬に捧げたユパンキの傑作曲。

2017年は、とても忙しい年で、この東京公演の直前に、スペイン政府の後援を受け、ニューヨークでロルカへのオマージュリサイタルを行い、そしてこのすぐあとには、やはりニューヨークの国連本部公演を控えていた。

これは、二時間プレイし続けたあとの、二回目のアンコールの、文字通り公演フィナーレの演奏。
若干疲れが出てしまったのか、歌の音程を結構外す箇所が見られたため、これまで本動画の公開をしていなかった。

翻訳文にリンクしてある「栗毛の馬」には、アルゼンチンのファンから日々多くのポジティヴなコメントが寄せられるが、実はこのときのパフォーマンスも、自分は100パーセント満足していない。
たった二時間の公演で、ユパンキの歌を歌うことと、自分自身の音楽との完璧な両立は、本当に容易なことではない。

ただ、楽器のミストーンや、歌の音程の外れは、プレイに勢いがあれば、それはライヴならではの醍醐味ともいえる。
自分でよくないと思っても、リスナーがよく感じてくれることもある。

いま自分についてくれている良質のアルゼンチンのファンの人々なら、もしかしたら理解してくれるだろうと信じ、このライヴ動画を公開した。

撮影と演出は、日本を代表するドキュメンタリー映像作家・羽田澄子さん。

***

この世の全ての素晴らしいことを知るために、私たちの人生は余りにも短いものですが、私はあなたに出会えたことをとても感謝しています。グラン・シロー。これまであなたのことを知らなかったことを恥ずかしく思い、お詫びする限りですけれど、どうやら運命は(ユパンキの)「栗毛の馬」の動画を探していた私を、あなたの作曲へと導くことを望んでくれたようです。栗毛の馬は崖から落ちて無駄には死なず、私をあなたの素晴らしい作品に会わせ、そして私をあなたの大ファンにしてくれました。ありがとう!

***

自分は今後も、こうしたファンの人々を決して裏切らない音楽の創作に全力を挙げる。

‘Villa-Lobos’ para una gran amiga かけがえのないアミーガに贈る’ヴィラ=ロボス’

***

En la memoria de Kyoko Iida (1962-2020,) una gran amiga, y una preciosa miembra de Los Amigos de Shiro Otake.

In the memory of Kyoko Iida (1962-2020,) a beautiful friend of mine, and a precious member of Los Amigos de Shiro otake.

中学校時代の同窓生で、また、2013年からは後援会の一員としてずっと応援し続けてくれていた飯田享子さんが、数日前東京から天国へと旅立った。
まだ50代。早すぎる死だった…

何年か前に、僕がライヴでプレイしたヴィラ=ロボスを聴き、”ヴィラ=ロボスってすごい!私は史朗くんの演奏するヴィラ=ロボスが大好き!”と言ってくれたかけがえのない応援団の女性に、ヴィラ=ロボスの傑作曲「プレリュード第4番」とともに、心からの追悼の意を表したい。

いままでありがとう、享子ちゃん

Authentic Atahualpa Yupanqui Style 1 オーセンティックなスタイルによるアタウアルパ・ユパンキ①

***

Dos interpretaciones auténticas en vivo de ‘El Alazán ‘ y ‘Luna Tucumana,’ de Atahualpa Yupanqui, fueron grabado durante una función especial en Hiroshima, junto a Jun Takemura, uno de los mejores expertos de la música latina en Japón.
Si hay alguien diciendo que esto no es bueno, yo diría que mejor no me escuche. Porque como un músico esto es todo lo que puedo hacer.

Two authentic styled interpretations of Atahualpa Yupanqui‘s masterpieces, recorded live during the special ‘joint chat’ concert in Hiroshima, with Jun Takemura, one of the finest experts for Latin American music in Japan.
If there’s someone saying that this is not good, I would say better not listen to my music. Because as a musician, this is simply all I can do.

少し前だが、日本を代表するラテンアメリカ音楽のエキスパート・竹村淳さんと一緒にご招待を受けた、広島市における’ユパンキ生誕100年記念スペシャル・トークコンサート’で、自分はアタウアルパ・ユパンキの名曲六曲のパフォーマンスを、巨匠がプレイしたものをほぼ忠実に採譜したバージョンで行った。

竹村さんは、ユパンキをこよなく愛するグラン・ユパンキアーノ

自分は少年時代、本当にたくさんのレコードをむさぼるように聴いていたが、ジャンルを問わず、大抵のものは竹村さんがライナーノーツを書いておられた。
いまこうしてご縁ができ、コンサートをご一緒できるというのはとても嬉しいことだ。

広島以外にも、竹村さんとはこれまで、東京で4回、愛媛県の松山市で1回、そして宮城県の気仙沼市でも1回、こうしたトークコンサートを行っている。

この動画は、第一部オープニングの「栗毛の馬」、そして第二部終盤の「トゥクマンの月」の演奏。
自分はこのとき、珍しく南米の民俗装束を身につけている。

ごまかしの一切きかない生音、そしてそれをただ正面から撮っただけの、なんのエフェクトもないカメラによる音源は、決して最高といえる状態ではないが、もしこのパフォーマンスを良くないという人がいるなら、僕の音楽は聞かないほうがいいよと言うだろう。
おそらく一人のミュージシャンとして、僕にはこれ以上のことはできないから。

J.S. Bach Improvisation 3 ライヴによるバッハ・インプロヴィゼーション③

***

Una interpretación en vivo de ‘Soheila,’ la obra improvisada por ‘Adagio BWV.1001,’ a la apertura de mi recital en la sala mayor de Yamaha Hall Tokio.
‘Soheila’ significa ‘estrella,’ y es uno de los más atractivos nombres de las mujeres árabes.

A live interpretation of ‘Soheila,’ my original Bach improvisational work based on ‘Adagio BWV.1001‘ at Yamaha Hall Tokyo.
‘Soheila’ means ‘Star,’ and it’s one of the most attractive names of the Arabic women.

渡米25年を記念して行った、東京銀座ヤマハホールにおける公演は、’無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番アダージョ’を母体に、アラブの伝統楽器ウードのサウンドを模した、大幅な変則チューニングを用いて展開させた「ソヘイラー」という作品で幕を開けた。

ソヘイラーは、アラブの言語で””を意味し、アラブ圏の女性たちの最も魅惑的な名前のひとつ。

あまりにも大幅な変則チューニングなため、ライヴでは、最初のアダージョを通常チューニングのギターで弾き、そのあと(前の晩から調弦しておいた)もう一台の楽器に持ち替えてインプロヴィゼーション・パートをプレイている。

***

***

Otra interpretación en vivo (sin microfono) de ‘Fuga BWV. 1001,’ junto a recitación de Jun Takemura, uno de los mejores expertos de la música latina en Japón. ‘El guitarrista’ es un ‘essay’ de Atahualpa Yupanqui, que recogí de ‘Aires Indios,’ su gran literatura que fue publicado en Argentina en 1954.
Este video fue grabado durante la función homenajeada a don ata en Hiroshima, Japón.

Another ‘unplugged’ live interpretation on ‘Fugue BWV.1001,’ with the recitation of Jun Takemura, one of the finest experts of Latin American music in Japan. ‘El Guitarrista’ is an ‘essay’ by Atahualpa Yupanqui which I picked from ‘Aires Indios,’ his great literature published in Argentina in 1954.
This video was recorded during the special homage concert for Yupanqui which took place in Hiroshima, Japan.

ガラリと雰囲気が変わり、日本を代表するラテンアメリカ音楽のエキスパート・竹村淳さんとともに広島にご招待を受けて行ったスペシャル’トーク’ライヴから。
これはインプロヴィゼーション作品ではないが、名曲’無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番フーガ’の全曲完全演奏を、PAを通さない’生音’で行っている貴重(?)動画。

アタウアルパ・ユパンキの傑作文学「インディオのしらべ」のなかにおさめられた、ユパンキの少年時代を彷彿とさせる素晴らしいエッセイ’エル・ギタリスタ’を、自分が日本語に訳したものを竹村さんに読んでいただいている。

自分より軽やかに、そして華やかにバッハを弾ける奏者衆は星の数ほどいる。が、自分のようにバッハを奏でるプレイヤーは、決して多くないだろう。

通常ライヴではPAを使うが、こうした’アンプラグド’もときには悪くない。

来年4月9日に予定されているヤマハホール公演では、せっかくのクラシック専用の良いホールなので、生音でやってみようかなと現在思っている。

***

***

Una interpretación en vivo, junto a la maravillosa recitación de kyoko Kagawa, una de las mejores actrices en nuestro país. ‘J.S. Bach‘ es el capitulo 41 de ‘Este largo camino ‘ que fue publicado en Argentina en 2008, para conmemorar el centenario del natalicio de Atahualpa Yupanqui.

A live interpretation with the stunning recitation by Kyoko Kagawa, one of the finest actresses in Japanese film history. ‘J.S. Bach‘ is the chapter 41 of ‘This long road ‘ published in Argentina in 2008 to commemorate the 100 years of the birth of Atahualpa Yupanqui.

再び東京公演から。

大女優・香川京子さんの圧巻の朗読による、2008年にアルゼンチンで出版された、ユパンキ生誕100年を記念する書籍’この長き道<メモリアス>’の第41章’J.S.バッハ’の一部を日本語に訳したものに、やはりバッハの傑作曲・無伴奏チェロ組曲第3番プレリュード をバッキングさせたもの。

かつてスペインの大歌手、ビクトリア・デ・ロスアンヘレスはこんなことを言った。

私はギターで弾かれるバッハを聴くと、それは本当にすごいなとは思うのですが、何かひとつ足りないと感じます。それは歌、そして人の声です。私の生まれたアンダルシアでは、いつもギターは人の声と一緒でした。私にとってギターとは、人の声と一緒になったときに最も美しく響くのです。

自分は彼女の言葉に心から賛同する。

そしてこれからも、バッハの作品とユパンキの文学を融合させた作品と、自分自身の’’となるインプロヴィゼーションワークの創作を続けて行きたい。

いずれにしても、こうして様々な良い会場で、自分の音楽を存分にプレイできるのは、応援してくださる皆様のおかげ。
この場を借りて、応援者、そしてファンの皆様に心から感謝の意を表したい。

***

* J.S.Bach Improvisation 1 ライヴによるバッハ・インプロヴィゼーション①

* J.S.Bach Improvisation 2 ライヴによるバッハ・インプロヴィゼーション②

Le Gitan New Yorkais avec la Solitude et la Passion

Top