中出阪蔵さんの素晴らしいギター、組曲「血の婚礼」初演に向けて

2025年1月26日、東京麻布十番の超人気料理店「富麗華」スペシャルコンサートにて初演予定の、序曲と全四楽章構成をもつ新作ギター組曲「血の婚礼」。

これは、今回使用するギター(中出阪蔵、1978年)によるオープニング序曲(中間部)の自宅リハーサル動画。

弦は、いつもお世話になるクロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロアの渡辺泰弘店長からいただいて、今回初めて使ったラミレスのノーマルテンションだが、このギターにものすごくフィットするようだ。

スペインと南米のちょうど中間のような、光と影に満ちた憂いのある、それでいて芯の強い深いサウンドは、現在生産されるギターでは出せない。
誕生からほぼ50年が経とうとする中出さんのギターが、いかに優れているかよくお分かりいただけると思う。

優れたスペインの楽器ホアン・エルナンデスとの出会いをはじめ、現在の僕のクリエイションに、クロサワ楽器は本当に大きなアジュダ(ヘルプ)をしてくれている。

この場を借りて、渡辺店長に心からの感謝の意を表します。

中出阪蔵さん直筆の領収書を、僕はまだ持っている。

もちろん僕がお金を出せるわけはない。当時、離婚して仕事を始めたばかりの母も、月1万円の月謝の他に10万円のさらなる出費は、もちろん右から左というわけではなかった。

これは誰よりも僕を愛してくれた、母方のおばあちゃんが買ってくれたものだ。

僕が当時弾いていたギターは、とにかくボロボロだった。

「どんな楽器を使っているのか持ってきてみなさい」と、ある日恩師・鈴木巌先生が言うので、持っていったときの先生の「うわっ!こりゃひでえ!」と叫んだ顔は、今でも忘れられない。
ケースもなかったので、いつも学校には(小林旭よろしく❗️)裸でかついで登校していた。

鈴木先生は、そのすぐ後に母に電話して、「今史朗くんのギターをみたが、これではせっかくの才能が伸びない。僕の親しい製作家に中出阪蔵さんという素晴らしい人がいて、僕が頼めば割引で手工楽器を作ってくれる。一生いい音で鳴ってくれるものになるので是非買ってあげてください。」と、言ってくださった。

というわけで、このギターは、鈴木巌先生が特別に中出さんにお願いして、本来15万円の価格のものを、11万5000円で作ったくださったと聞いていたが、「実はあれは25万円のクラスだったんだよ」と、後になって鈴木先生はおっしゃった。

1970年代の日本で25万円のギターといえば、今の貨幣価値でどれだけの額になるのかわからないが、いずれにせよ10代のハナタレ・お振袖衆が簡単に持てるようなものではない。

口利き料を余計に上乗せして生徒から取ったり、製作者からキックバックをもらったりする先生たちが多いなか、鈴木巌先生は、「中出さんと親しい自分の顔で、一生使える優れた楽器を安く作ってもらえるから」と言って、あくまでも門弟を大切にする、極めて尊敬できる人物だったと改めて思う。

一度学校で、悪友たちとこのギターを振り回していたとき、誤って床におっこどして表面に割れが入ってしまった(アホ!)のだが、鈴木先生はそのとき、ご自分で中出さんのところに僕のギターを持ってゆき、きれいに修理してきてくださった。

僕はそのとき、修理代を払わされた覚えがない…

こんな素晴らしい師匠が他にいるだろうか!

新作ギター組曲「血の婚礼」は、鈴木先生、中出さん、そしてこの楽器にメッセージとサインをしたためてくれた、不世出のバイラオール(男性フラメンコ舞踊手)、アントニオ・ガデスへのオマージュになる。

“シローへ、仲間より敬意をこめて、
A.ガデス 21-1-1995”

「富麗華」スペシャルコンサートは、アントニオ・ガデスがこのギターにメッセージを書き入れてくれてから、ちょうど30年を記念することになる。

暑中お見舞い申し上げます❣️

信頼できるリペアマン、そして「血の婚礼」アントニオ・ガデスの魂

***

僕がたいへん信頼するリペアマンのイアンと、マサチューセッツ州レキシントンにある彼の店「ミュージック・エンポリウム」にて。

2025年1月26日、東京麻布十番・富麗華にて初演する新作「血の婚礼」は、ガルシア・ロルカの同名傑作戯曲をもとに、序曲と四楽章構成で作曲した、女性ヴォーカルと朗誦を伴う新型ギター組曲。

このコンサートでは、1981年、「血の婚礼」を、名映画監督カルロス・サウラと組み、その圧巻と言える舞踊で世界を虜にしたスペインのバイラオール(男性フラメンコ舞踊手)アントニオ・ガデスからの、素敵なメッセージとサインがしたためられたギター(中出阪蔵・1978年)を使用する。

サウラ-ガデスによるプロジェクトは、さらに1984年、それまでのエスニック映画の興行記録を塗り替えた映画「カルメン」の大ヒットにより、アントニオ・ガデスの名を不朽のものとした。

ご多分にもれずこの僕も、渡米前、東京で「カルメン」を観て、ガデスの大ファンになったことは言うまでもない。

***

と、いうわけで、これまでニューヨーク以外、門外不出だったこのギターを、久々に東京公演で使用するに際し、エキスパートの専門的意見を聞くため、イアンの店を訪れた。

ニューヨークからレキシントンまでは、北へ約320キロ。
東京・白石蔵王の距離を往復するのとほぼ同じ距離をドライブすることになるが、その価値は何にも替え難い。

少なくともサンフランシスコじゃなかったことに感謝している。

“シローへ、仲間より敬意とともに 
アントニオ・ガデス
25-1-1995”

楽器を縦に見ると、ちょっと妙なところに書いた感があるが、さすが超一級フラメンコアーティスト。プレイヤーがギターを抱えたとき、自身のサインが、観客の目を最もとらえる位置を心得ていた。

2025年1月26日「血の婚礼」初演。

アントニオ・ガデスの魂が、この現在生産される楽器では出せない美しい“声”をもつギターに宿ってくれることを願っている。

マサチューセッツからニューヨークへ帰ってくる途中、コネチカット州の大西洋岸を通る。

ここは、いつも寄る“港町食堂”。

全くゴージャスではないが、こんなに気持ちよくものを食べられる場所も多くない。

Happy birthday 🇦🇷⚽️❣️

***

7月9日はアルゼンチンの独立記念日。

この日アルゼンチンはカナダをくだし、コパ・アメリカ2024決勝進出を決めた⚽️

¡Vamos Argentina!

皮下脂肪のかたまりのアメリカ人は、夏場エアコンの効いた屋内を好むので、ヨーロッパ人のように広場に集まって長い夜を楽しむという文化がないが、ここ新開発地ハドソンヤードは、ようやく合格点。
ただし、「真に夜を楽しむ」スペインやアルゼンチンには、およそ程遠い。

ニューヨークは不夜城のように言われるが、実はブエノスアイレスやマドリードで、さあこれからディナー客で賑わうぞという時間には、大抵の店は閉めてしまう。

というわけで、多くの見物衆で盛り上がったというわけでもないが、まずはメデタシメデタシ㊗️

都市のど真ん中のせっかく最高のロケーションなのだから、もうちょっと文化的になることを今後に期待❗️

Happy birthday 🇺🇸❣️

7月4日は、アメリカの独立記念日。

1988年、背水の陣をもってニューヨークへやってきた僕に対し、アメリカは、考えても見なかったアタウアルパ・ユパンキとの縁を用意して僕を待っていてくれた。

日本を出てニューヨークに来たことは、本当に僕にとってかけがえのないことだった。
あのまま日本にいたら、きっと全く何も起きず、こうして素晴らしい方向に前進することはなかっただろう。

第二の故郷、というより、僕にとってすでに母国以上に素晴らしい「ホーム」であるアメリカのバースデーを、心からお祝いしたい🎈🎂🎊❤️❣️

Levi’s 517 最高のジーンズ❤️

***

僕はいつもジーンズを履いているが、これはリーヴァイの517というシリーズで、実は昨日、ひさびさにストーンウオッシュブルーの新しいやつを買った。

リーヴァイと言えばジェームズ・ディーンの501が定番だが、これは僕にしてみると少々ズンドウ🥴

517は、最もスリムで足元がスッキリして見えるナイスデザイン👍
初めて足を通した瞬間に、もう肌の一部のようなフィット感を得られる。

死ぬまでリーヴァイズ517を履いていたい❤️

日本で「リーバイス」と呼ばれるこの会社は、レヴィ(リーヴァイとアメリカ英語で発音)・ストラウスという名前のユダヤ人とそのファミリーが19世紀中頃に起こしたビジネスで、最初はサンフランシスコで、馬車の幌などを生産していたが、ヤコブ(ジェイコブ)・デイヴィスなる、やはりユダヤ人の織工が考案した、ポケットにリヴェット打ちして破けにくくしたダンガリー(デニムの起源)パンツの特許を、経済的に余裕のない彼に変わって取り、独占生産を開始することで、一気にアパレル会社として名を馳せることになる。

リヴェットを打ったダンガリーパンツは、そもそも炭坑夫などの労働者のためのものだったが、そのうち西部劇映画などで衣装として着用されるようになり、さらに1950年代、リーヴァイジーンズを身につけたマーロン・ブランドの「ワイルドワン(暴れ者)」、そしてジェームズ・ディーンの「理由なき反抗」などのハリウッドA級フィルムの大ヒットに乗じて「どんな突飛な想像も及ばないほどの」爆発的売り上げを記録することになる。

一介の野良着だった衣料が、長い年月を経て、文字通り世界を席巻するファッションに様変わりしたこのストーリーは、ひとつのアメリカ史としてとても興味深い。
ジーンズはまさに、アメリカの民俗衣装と言えるだろう。

***

これは、先日15歳を迎えた、2009年に買ったリーヴァイ517。
もう自分の脚と同じ😊

***

また、ブラックの517は、とてもシャープでドレッシーな感じになる。これももう長く履いているが、色褪せも少なく、本当にクオリティの高い衣服だと思う。

Viva! Levi jeans!👖

アンダルシアのレモンと、イタリアの濃厚なハチミツに、アタウアルパ・ユパンキの魂が溶け合う、静寂のグロリエータ(四阿)「カンテホンド・イベロアメリカーノ」の音楽世界

Top