「Shiro On Tour」カテゴリーアーカイブ

ツアー & ライブ

Homage to Atahualpa Yupanqui in Cerro Colorado セロ・コロラドにおけるユパンキへのオマージュ

***

¡Viva Cerro Colorado!

2014年1月から2月にかけて、自分はアルゼンチン、コルドバ州政府の招聘によって同国をツアーし、1月31日の夜、ユパンキが最も愛した土地と言われる、コルドバ州北部のセロ・コロラドにある巨匠の別荘(現博物館)において開催された、ユパンキ生誕106年を記念するコンサートに出演した。

これは、セロ・コロラドのご当地ソングともいえる速いテンポの「石のチャカレラ」の、客席から撮影されたライヴ演奏。
この複雑なリズムを刻みながら歌うのは至難の技だが、決してそれを聴衆に感じさせてはいけないところが、またこの音楽のむずかしいところだ。

自分は1989年1月、この場所でユパンキから直接ギター演奏の手ほどきを受けた。
かけがえのない聖地に自分を戻してくれたコルドバ州政府の皆さん、特に文化部理事のアンヘル・ディアスさん(写真下)に心から感謝している。

やはりセロ・コロラドにおける、とてもリラックスしたライヴのワンシーン。これはホテルのレストランでのパフォーマンスで、このときはほぼ飛び入り出演のような雰囲気だったため、自分もラフなスタイルでの演奏。
ユパンキの名曲ギターソロ(直伝の)「恋する鳩の踊り」を披露している。

ただ、飛び入りプレイは大抵ろくな演奏にならない。自分にとってライヴ演奏というのは、どんな場合でも、事前にきちんとリハーサルをして行うもので、食事の片手間でするようなものではない。

これらの演奏については完全に満足しているわけではないが、本場アルゼンチンの雰囲気を伝えるものとしては面白いと思うので、当ホームページのみでの限定公開としてご紹介させていただいた。
二曲とも一般には公開していない。

このレストランの外に出ると、二階は展望台になっていて、まさに降ってくるような天の川と南十字星が見守ってくれていた。
アルゼンチンの夜は長い。彼らは本当の意味で夜を楽しむ贅沢な国民だ。
ナイトライフの充実していない日本は、それに引き換えまだまだ文化的に低い。自分はアルゼンチンに行くと、いつもいやと言うほどそのことを思い知らされる。

García Lorca por la gran actriz japonesa 香川京子さんによる「ガルシア・ロルカへの祈り」

***

La versión completa de “La Guitarra (Homenaje a García Lorca),” junto a Kyoko Kagawa, una de las más mejores actrices en Japón.
Música: Shiro Otake. Filmadlo y dirigido por maestra Sumiko Haneda, la directora del documental más fina en Japón.

1. Madrugada de Granada ~Muerto de Lorca~ (solo de guitarra)
2. Canción de siete doncellas
3. Guitarra
4. Cancioncilla del primer deseo

(fue grabado durante mi recital en ‘CLUB MANDALA,’ Tokio, Japón el 14 de abril de 2017)

***

The complete version of “The Guitar (Homage to García Lorca),” with the guest appearance of Kyoko Kagawa, one of the best actresses in Japanese movie history.
Music by shiro Otake. Filmed and directed by Maestra Sumiko Haneda, a finest documentary film maker in Japan.

1. Dawn of Granada ~Lorca’s death~ (guitar solo)
2. Song of the seven maidens
3. Guitar
4. Ditty

(Recorded live during my recital at ‘CLUB MANDALA,’ Tokyo, Japan in April 14th, 2017)

***

香川京子さんの朗読による「ギターラ〜ロルカへの祈り〜」全曲版 (上記リンク)。
読まれる詩はすべてガルシア・ロルカ。作曲、構成は大竹史朗。ビデオ撮影および演出は、日本を代表するドキュメンタリー映像作家の羽田澄子さん。
2017年4月14日、東京南青山の’CLUB MANDALA’にてライヴ収録。

黒澤明、小津安二郎、溝口健二をはじめとする殆どの日本の大巨匠の作品に主演した名女優は、その若き日に、溝口監督から(相手役の演技に対して)「あなた反射してますか?」と厳しい演技指導を受けたそうだ。

このライヴの前、香川さんとは、ご自宅に伺ってニ時間ほど打ち合わせをさせていただいが、自分はそのとき、この日本の映画史が世界に誇るグラン・アクトリス(大女優)とは、決してリハーサルに多くの時間をかける必要はないと直感した。

そして当日、香川さんのパフォーマンスは、まさに自分のギターを「反射する」圧巻のパフォーマンスだった。

Homage to Atahualpa Yupanqui in UN Headquarters 国連本部のヒロシマ 忘れえぬ町

***

La misión permanente del gobierno de Japón para las Naciones Unidas que ha publicado la versión completa de “Hiroshima! La Ciudad que No Olvido” durante mi concierto especial para la paz en Nueva York.

***

The permanent mission of the Japanese government for the United Nations released the full live performance of “Hiroshima! I shall never forget” during my special concert at the UN headquarters.

***

国連日本政府代表団が公開した「ヒロシマ 忘れえぬ町」のフルバージョン・国連本部パフォーマンス。自分は当日、動画を撮影されていることを知らなかったが、気負いが感じられない演奏になっているのは、おそらくそのせいだろう。

ニューヨークの国連本部。この大舞台で、自分にとってベストといえるライヴパフォーマンスをできたことが、今後の世界平和のために一役買ったとは全く思わないが、アタウアルパ・ユパンキという、ニューヨークやアメリカでは現在殆どその名を知られていない稀有な芸術家、そして詩人の名前を広めることにおいて、少なくともある程度のレベルで貢献できたことだけは間違いないと自負している。

HAPPENING NOW→Our second #PeaceIsEvent, featuring guitarist Shiro "el Arierro" Otake. Now playing: Hiroshima! La Ciudad Que No Olvido(Hiroshima! The City I Shall Never Forget)/Atahualpa Yupanqui

Permanent Mission of Japan to the United Nationsさんの投稿 2017年5月12日金曜日

Homage to Atahualpa Yupanqui in Bolivia ユパンキへのオマージュ・イン・ボリビア

***

Una grabación del hermoso recital en La Paz, Bolivia, con una maravillosa pieza de don ata, escrito por el ritmo boliviano.

A live interpretation from the wonderful recital in La Paz, Bolivia (2017,) with Atahualpa Yupanqui’s beautiful tune, written with very popular Bolivian rhythm.

熱狂的歓迎を受け、大成功をおさめたボリビア公演から、アンデス山脈に暮らす先住民たちの最もポピュラーなリズム、「ウァイノ」によるユパンキの傑作ナンバーのライヴ演奏。
歌詞は下記のようなことを歌っている。

「ヌンカ ハマス」詞・曲 / アタウアルパ・ユパンキ

丘を越えて 丘を越えて
あんたは 俺の足あと探しにくるだろう
だけど そこには *ビクーニャの足あとがあるだけさ
俺はぜったい見つからないよ

きれいな石ころたどって
あんたは 俺のすみかを探しにくるだろう
だけど そこでは ただ風がうたってるだけさ
俺はぜったい見つからないよ

インディオたちの道たどって
あんたは 俺の墓を探しにくるだろう
だけどそこには アンデスの静けさがあるだけさ
俺はぜったい見つからないよ
俺はぜったい見つからないよ

* (アンデス高山に暮らすリャマ科の動物)

***

La otra interpretación en vivo de ‘La tierra dónde canta el viento,’ un solo de guitarra homenajeado a Atahualpa Yupanqui, después de hablar al público boliviano de mi experiencia con gran maestro en Cerro Colorado, Córdoba, Argentina en 1989.

The another live interpretation of ‘The Land where the wind sings,’ an original guitar solo dedicated to Atahualpa Yupanqui, after telling my unforgettable experience with Gran Maestro in Cerro Colorado, Cordoba province, Argentina in 1989.

ボリビア公演からもうひとつ。第1部のラストナンバーとして演奏した自作ギターソロ、「風が歌う地 − ユパンキへのオマージュ」。
演奏前の自分のスペイン語は、1989年にアルゼンチンのセロコロラドという、ユパンキが最も愛した山村で、大巨匠のギターの音をそばで聞いた際の感動を話している。

”音楽は耳で聴くものだが、ユパンキがギターを弾いたとたん、その音が目に見えたような気がした。その音は、あたかも部屋の中を踊りながら外に出て、美しい自然の中に調和したようだった“ 。

観客が湧くところが一箇所あるが、これは「私のスペイン語わかりましたか?」と、たずねたから。

ボリビアの首都ラ・パスは、実にパノラミックで美しい都市だが、アンデス山脈真っ只中の約4000メートルの高地にあるため、きわめて酸素が薄く、ホテルの部屋でちょっとした片付けをしても、通常ならなんでもないような勾配の坂を登っただけでも息が切れるほか、思考能力が著しく低下し、ものごとを忘れっぽくなる。
実は演奏中も、普段まず考えられないようなところで急にギターのフレーズや歌詞を忘れ、「あららっ?!」という思いをするなど(この二つの動画も例外ではない)、まさに火星でコンサートをしたような気分だった。

こういった土地の公演で自分を支えるものは、決してギターや歌のテクニックではなく、これまで長きにわたって南米大陸を旅し続けた、ただ”経験”の一言につきる。

Screenshot 2017-10-22 14.04.23

Screenshot 2017-10-28 19.17.43

Homage to Atahualpa Yupanqui ユパンキへのオマージュ

Dos interpretaciones homenajeadas a Atahualpa Yupanqui. Fueron filmado en directo el junio, 2018.

***

Two homage interpretations dedicated to Atahualpa Yupanqui. Recorded live in June, 2018.

***

アタウアルパ・ユパンキに捧げる自作のギターソロ「風が歌う地〜ユパンキへのオマージュ〜」と、ユパンキ最高傑作曲のひとつで歌が入る「栗毛の馬」。
2018年6月、世界一周豪華客船クルーズ’飛鳥II’のメインショーラウンジ<ギャラクシー>におけるライヴパフォーマンス・

ギターの音色と表現、そしてテクニックに至るまで、クラシックと南米民俗音楽をベースに持つひとりのギタープレイヤーとして自分には、現時点で恐らくこれ以上のことはできないだろう。