「Shiro On Tour」カテゴリーアーカイブ

ツアー & ライブ

Homage to Atahualpa Yupanqui in Bolivia ユパンキへのオマージュ・イン・ボリビア

***

Una grabación del hermoso recital en La Paz, Bolivia, con una maravillosa pieza de don ata, escrito por el ritmo boliviano.

A live interpretation from the wonderful recital in La Paz, Bolivia (2017,) with Atahualpa Yupanqui’s beautiful tune, written with very popular Bolivian rhythm.

熱狂的歓迎を受け、大成功をおさめたボリビア公演から、アンデス山脈に暮らす先住民たちの最もポピュラーなリズム、「ウァイノ」によるユパンキの傑作ナンバーのライヴ演奏。
歌詞は下記のようなことを歌っている。

「ヌンカ ハマス」詞・曲 / アタウアルパ・ユパンキ

丘を越えて 丘を越えて
あんたは 俺の足あと探しにくるだろう
だけど そこには *ビクーニャの足あとがあるだけさ
俺はぜったい見つからないよ

きれいな石ころたどって
あんたは 俺のすみかを探しにくるだろう
だけど そこでは ただ風がうたってるだけさ
俺はぜったい見つからないよ

インディオたちの道たどって
あんたは 俺の墓を探しにくるだろう
だけどそこには アンデスの静けさがあるだけさ
俺はぜったい見つからないよ
俺はぜったい見つからないよ

* (アンデス高山に暮らすリャマ科の動物)

***

La otra interpretación en vivo de ‘La tierra dónde canta el viento,’ un solo de guitarra homenajeado a Atahualpa Yupanqui, después de hablar al público boliviano de mi experiencia con gran maestro en Cerro Colorado, Córdoba, Argentina en 1989.

The another live interpretation of ‘The Land where the wind sings,’ an original guitar solo dedicated to Atahualpa Yupanqui, after telling my unforgettable experience with Gran Maestro in Cerro Colorado, Cordoba province, Argentina in 1989.

ボリビア公演からもうひとつ。第1部のラストナンバーとして演奏した自作ギターソロ、「風が歌う地 − ユパンキへのオマージュ」。
演奏前の自分のスペイン語は、1989年にアルゼンチンのセロコロラドという、ユパンキが最も愛した山村で、大巨匠のギターの音をそばで聞いた際の感動を話している。

”音楽は耳で聴くものだが、ユパンキがギターを弾いたとたん、その音が目に見えたような気がした。その音は、あたかも部屋の中を踊りながら外に出て、美しい自然の中に調和したようだった“ 。

観客が湧くところが一箇所あるが、これは「私のスペイン語わかりましたか?」と、たずねたから。

ボリビアの首都ラ・パスは、実にパノラミックで美しい都市だが、アンデス山脈真っ只中の約4000メートルの高地にあるため、きわめて酸素が薄く、ホテルの部屋でちょっとした片付けをしても、通常ならなんでもないような勾配の坂を登っただけでも息が切れるほか、思考能力が著しく低下し、ものごとを忘れっぽくなる。
実は演奏中も、普段まず考えられないようなところで急にギターのフレーズや歌詞を忘れ、「あららっ?!」という思いをするなど(この二つの動画も例外ではない)、まさに火星でコンサートをしたような気分だった。

こういった土地の公演で自分を支えるものは、決してギターや歌のテクニックではなく、これまで長きにわたって南米大陸を旅し続けた、ただ”経験”の一言につきる。

Screenshot 2017-10-22 14.04.23

Screenshot 2017-10-28 19.17.43

Homage to Atahualpa Yupanqui ユパンキへのオマージュ

Dos interpretaciones homenajeadas a Atahualpa Yupanqui. Fueron filmado en directo el junio, 2018.

***

Two homage interpretations dedicated to Atahualpa Yupanqui. Recorded live in June, 2018.

***

アタウアルパ・ユパンキに捧げる自作のギターソロ「風が歌う地〜ユパンキへのオマージュ〜」と、ユパンキ最高傑作曲のひとつで歌が入る「栗毛の馬」。
2018年6月、世界一周豪華客船クルーズ’飛鳥II’のメインショーラウンジ<ギャラクシー>におけるライヴパフォーマンス・

ギターの音色と表現、そしてテクニックに至るまで、クラシックと南米民俗音楽をベースに持つひとりのギタープレイヤーとして自分には、現時点で恐らくこれ以上のことはできないだろう。

La Fuensanta ”アンダルシアの聖女” in Tokyo 2018

***

La versión resumida de ‘La Fuensanta’ en directo el 18 de noviembre, 2018 en Tokio.
Mi enfoque para tratar de llevar el espíritu de don Ata se continuará para siempre con la distinta manera que lo que ha hecho el gran maestro argentino él mismo.

*

A digest version of ‘La Fuensanta’ recorded live in Tokyo on the 18th of November, 2018.
My endless journey which I try to bring the spirits of Atahualpa Yupanqui will continue with the totally different approach from the way the great argentine maestro has done by himself.

*

「アンダルシアの聖女」東京公演ダイジェスト版ビデオ。
スペイン人フラメンコダンサー、ベゴーニャ・カストロの踊りを中心とした「アンダルシアの聖女」ダイジェストライヴ動画。ユパンキの精神を、すでに世を去った巨匠とは異なるアプローチで伝えようとする旅は今年も続く。

***

***

Mainichi Newspaper Tokyo 11.17.18 / 毎日新聞東京版朝刊記事

***

Begoña Castro, esta chica madrileña realmente me hizo llorar con sus movimientos increíblemente emocionantes. Ojalá que esté alegre don Ata de ver nuestra primera función en Japón que bailó una bailaora española con los temas de gran argentino.

***

Begoña Castro, this wonderful girl from Madrid truly made me cry with her unbelievably emotional movements. Hope Atahualpa Yupanqui is happy to see our humble performance in Japan which an ‘Spanish Bailaora’ performed with the music of the greatest Argentine maestro for the first time in the history.

***

今回の公演に際し、実に1000回以上に渡ってぼくの音楽を聴き込んだというベゴーニャのエモーショナルな踊りは、心からぼくを酔わせ、そして泣かせた。

「アンダルシアの聖女」は、作曲、選曲、台本制作からプロデュースに至るまで全て自分で行ったので、何かと落ち度も多く、経験を積んだバイラオーラ(フラメンコの女性舞踊手)にしてみれば、さぞやりにくかったことも多々あったと思う。が、こうした限られた範囲のなかで、このスペインの女ザムライは、ぼくの考えを全て理解し、真に100パーセントの力を出し切ってくれた。
自分が共演者に求めるのはテクニックではない。「血」と「魂」だ。
改めてこの場を借り、ベゴーニャに深く感謝したい。

***

Related topics (関連記事)

My Beautiful Fuensantas in Tokyo 東京の聖女たち

Llora la fuensanta…ユパンキの調べに泣く聖女

El regalo de Yupanqui ユパンキの贈りものコンサート

***

Despues del fantastic concierto en la ciudad Utsunomiya, organizado por la federacion feminina de la cultura de la pref. Tochigi, 7 de noviembre, 2018.

***

After the fantastic concert at Utsunomiya city, organized by the Female Federation of the culture of pref. Tochigi, 11.7.18.

***

今回の日本滞在中、「アンダルシアの聖女」公演直前の11月7日の午後、栃木県女性文化懇話会主催による、宇都宮東武ホテルグランデ「龍田の間」で行われたスペシャル公演「ユパンキの贈りもの〜ニューヨーク、アルゼンチン、そして世界へ〜」にご招待いただいた。
四十年の歴史を持つこの団体は、文化、スポーツ、政治などの各方面で活躍する人々を招いて定期的に会を行っている。自分はそのようなところにノコノコ出てゆく器ではないが、今回こうしてご招待いただいたことに心から感謝している。

手にしているTシャツは、昨年の国連コンサート出演の際に関係者のみに配布された(けっこう貴重品)スペシャルアイテム。
お客様のなかからひとり選んでいただいて、サインとメッセージを入れてプレゼント。

Llora la fuensanta…ユパンキの調べに泣く聖女

***

Lloran las ramas del viento /

Atahualpa Yupanqui (music)
Shiro Otake (guitar)
Begoña Castro (dance)

アタウアルパ・ユパンキ作曲「風の枝が泣いている」

大竹史朗 (ギター)
ベゴーニャ・カストロ (舞踊)

***

ビダーラのリズムで構成されたユパンキの傑作ギターソロ、”風の枝が泣いている”。

シンプルな曲想だが、小手先のテクニックだけでは全く音楽にならない、自然界の厳しいまでの美しさと、崇高な人間の精神の調和が完璧にひとつの楽器のうえに描かれた、まさに南米の大巨匠にしてのみなし得た、ギター音楽の真の極致的作品と言っていいだろう。

フラメンコの舞踊手を起用して、12分に及ぶこの傑作曲のヴァリエーションを中盤のハイライトとして上演した「アンダルシアの聖女」は、文字通り自分にとって過去最大の冒険であったが、今回抜擢したマドリード在住の名手、ベゴーニャ・カストロは、南の大陸のグラン・マエストロの精神を深く理解し、魂の込められた美しい踊りを披露してくれた。

現在、自分は、「アンダルシアの聖女」のニューヨーク、そしてスペイン上演に向けてすでに動き出している。