shiro のすべての投稿

Homage to Lorca in Dance & Poem

La función especial en Seoul, Corea del Sur, representando “Homenaje a Garcia Lorca” con las fantásticas bailarinas coreanas.

韓国を代表する現代舞踊団「チャンム(創舞)」の女性ダンサー4名との共演によるソウル公演。
”カンテ・ホンド”と大きな共通性を持つ朝鮮半島の伝統舞踊の基礎に裏付けされた彼女たちの優れた踊りは、まさに「ベルナルダ・アルバの娘たちの踊り」だった。

La actuación especial en La Paz, Bolivia, con Beatriz Mendez (recitación de poemas,) excelente cantante boliviana.

優れた歌手であり、国立音楽学校学院長を務めるベアトリス・メンデスさんをゲストに招いての、朗読版「ロルカへのオマージュ」ボリビア公演。
南米のアーティストによる朗読は優しく穏やか。傍らで心地よくギターを弾いている。

なお、このパフォーマンスのあとは、そのまま真骨頂(!?)ユパンキの名曲「ラマ追い馬子の歌」と「ヌンカ・ハマス」の演奏が収録されている。
天に一番近い都市における”アンデスのふたつの調べ”のパフォーマンスは、真に感極まった。

この動画でプレイしているギターは、現在、東京のクロサワ楽器総本店クラシックギターフロアの皆様のご厚意によって、多くのツアーに使用させていただいている「ホアン・エルナンデス」。
あらゆるタッチに反応する、そのスペイン的なシャープで美しい音色は群を抜いている。

Shiro Otake, Virtuoso Guitarrista

Screenshot 2017-10-28 19.17.43

大竹史朗 ヴィルトゥオーゾ・ギタリスト

南米ツアーの大報道。
「ヴィルトゥオーゾ」というのは「巨匠のなかの巨匠」を意味する、傑出した器楽ソリストに贈られる最大級の賛辞。もちろん自分は冗談にもそのようなことは思わないが、このツアーは、これまで培ってきたことが確かな手応えとなってコンフィアンサ(確固たる信念に基づくセルフ・コンフィデンス)に昇華した素晴らしい旅だった。

最良の環境で自分の音楽を表現させてくださった関係者の皆様に、この場を借りて心から感謝の意を表したい。

Lorca in Seoul, Big Success! 2017 

21272915_1253196698125352_63041075549052574_o

***

Junto a Sr. Sung ki Ahn, el gran actor más famoso y respetuoso en Corea del Sur, después de mi función el 3 de septiembre.
Lo agradezco profundamente por su presencia con un hermoso regalo de flores sin embargo Sr. Ahn es súper súper ocupado.

21414767_1253196878125334_1220139426585324716_o

***

Avec M. Sung ki Ahn, le grande acteur plus célèbre à Corea du Sud après mon performance le 3 septembre.
Je tiens remercie à Sung ki san pour son couer très très gentil.

21273735_1253197008125321_4160761814970312359_o

***

韓国を代表するモダンダンスカンパニー「チャンム」の招聘により、8月29日、9月3日にソウルで行なった公演が大成功をおさめた。
写真は、美しい花束を持ってかけつけてくださった韓国の国民俳優アン・ソンギさんと。

ソンギさんは、今回のぼくの新しい作品(舞踊版ロルカへのオマージュ)に対して、”スペインとアルゼンチンの情熱を感じさせながらも、同時に漂う東洋的な深いものにスーッと入って行くことができ、本当に素晴らしかった”と、自分が最も言われて嬉しい感想をおっしゃってくださった。

またソンギさんは、ぼくが打ち上げパーティーの席を抜けない方がよいとわかると、最後までそこに一緒にいらしてくださった。本当に素晴らしい方である。
韓国最大のスターがこうして大ファンでいてくださるというのは、本当にありがたいことだ。

***

下記の写真の女性が、「チャンム」を率いるキム・メジャさん。
舞踊家として優れていることは言うまでもなく、クリエイターとしても数々の素晴らしい作品を創作しておられ。また、かつてソウルオリンピックの閉幕式セレモニーの演出を手掛けるなど、文字通り韓国最大の芸術家のおひとりである。

今回、ぼくをニューヨークから特別待遇にて招待してくださり、伝統舞踊を身につけた、海外公演経験も豊富で、各々が振付もこなす、美しく優れた一番弟子である四人のダンサーとの共演によって、ぼくの20分に及ぶ新作「ガルシア・ロルカへのオマージュ」ソウル初演を決めてくださったのは、すべてメジャさんの先見の明によるものだ。

カムサハムニダ、キムソンセー(先生)!

***

21273570_1253197121458643_3873794530439395679_o

21083554_1247144588730563_8510756695881624161_o

21366995_1255437697901252_7875700580324833823_o

21368866_1255437814567907_5972961887779591958_o

21414645_1255438604567828_6460844158334546380_o

21083618_1247141742064181_3911715326952536511_o

21199406_1249016445210044_5013002749521365162_o

21246352_1247928758652146_6255731866831927169_o

Special recital at the United Nations, New York 2017

Screenshot 2017-05-17 14.01.05

***

大成功の国連コンサートの報道は後を絶たない。

これは、ヨーロッパ・ニュースワイヤーという通信社が当日現地で撮影した写真を、ヨーロッパをはじめとする世界中のプレスが買って報道したもののひとつだが、一枚、もしくは二、三枚といった写真使用もあるなか、リストされた写真すべてをアップした「インピクト(ピクチャーのインパクト!)」という、ナイスネーミングによる注目度の高いメディアである。

Screenshot 2017-05-17 14.01.52

***

他の話題といえば、ほぼすべてヨーロッパやアメリカの著名人のことばかりで、なぜ自分がニューヨークの国連でコンサートを行ったことが、このように大々的に報道されたのかはよくわからない。
これは、いかにユパンキが偉大であったかということに尽きると解釈している。

Screenshot 2017-05-17 14.01.34

Screenshot 2017-05-08 06.19.18

Screenshot 2017-05-14 18.38.22

Screenshot 2017-05-14 18.39.48

Screenshot 2017-05-14 18.33.27

Screenshot 2017-05-14 18.36.40

Screenshot 2017-05-14 18.37.48

Screenshot 2017-05-14 18.39.24