shiro のすべての投稿

Homenaje a Garcia Lorca ロルカに捧げる「 ソレダー・モントーヤの黒い哀しみ」

***

Mis interpretaciones en vivo de “La Aurora,” y “Romance de la pena negra” que he compuesto después de ser inspirado de la gran poesía “Romance de la pena negra” por Federico Garcia Lorca.
Ambos fueron grabado en CLUB MANDALA TOKYO durante mi recital el 21 de noviembre, 2019.

My live interpretations of “La Aurora,” and “Romance de la pena negra” which I composed with the strong inspiration from “Ballad of Black Dread” by Federico Garcia Lorca.
Both were recorded live at CLUB MANDALA TOKYO during my recital in November 21st, 2019.

***

サウンド・クリエイターのはしくれとしての、現在の自分を最も支えるもの、それはガルシア・ロルカの詩の世界だが、このところ、主にアメリカ人のギタープレイヤーたちから、一連のロルカ作品の楽譜を買いたいという問い合わせが非常に多い。

自分はクラシックギターを6年間、故鈴木巌先生から手ほどきを受けているので、もちろん楽譜を読むことはできるが、実は楽譜で音楽をおぼえることは殆どない。
さらに音符を書くのがとても苦痛なため、これまで幾度も出版の話はあったものの実現できずにいた。

自分の音楽を譜面にすると、プレイ中にオタマジャクシが目の前をちらつき、フィーリングが狂う。

そんな中、つい最近、あるアメリカの学校の先生をしている人物が、”今度、ロルカに捧げるコンサートを学校で行うので、そこでぜひあなたのロルカ曲を紹介させてください”と言って、楽譜購入を真摯に希望してきてくれたので、ついに楽譜を書く作業をはじめることにした。

それが、今回のリンクの曲。

ひとつめが、ロルカの傑作詩「Romance de la pena negra (黒い哀しみのバラード)」に霊感を受け、5曲組曲として昨年東京で初演した、「ソレダー・モントーヤの黒い哀しみ」の冒頭曲”オーロラの夜明け”というナンバーで、自分でもとても気に入っている。

ソレダー・モントーヤというのは、ロルカ自身が描いた、ビデオに使用してあるイラストの、同詩の主人公の魅惑的なジプシー娘の名前。

また、ふたつめは、やはり同組曲中のフィナーレを飾るもので、”黒い哀しみのバラード”というタイトル。
6分を超えるソロだが、ラスト、かなり激しいアレグロに展開する変化に富んだ曲想で、この作品は目下のところ、自分が最も気に入っているオリジナルナンバーだ。

どちらも昨年11月の東京公演中に録音されたもので、無修正の一発ライヴ録りの音源。
楽しんでいただければ嬉しい。

***

蛇足だが、自分が現在、スペインのイグナシオ・ローサスと、やはりスペインのホアン・エルナンデスという楽器を使用していることは以前書いたけれど、実はこの動画のライヴでは、パコ・デ・ルシアが使用していた、コンデス・エルマノスの二万ドルのギターを使用している。

なーんちゃってウソだよー!!!

これは数年前、ニューヨークの自宅の近所の楽器屋でケース付きで700ドルで購入した、アメリカ国内の町の楽器屋ならどこでも廉価で売られている、ライムンドというスペインの大量生産品の音色。

鈴木巌先生は生前、「史朗くんは自分の音を持っているから、値段の高い楽器を使わなくていい。羨ましいよ。」といつもおっしゃっていた。

鈴木先生はいつも正しい。
先生は、自分にその”自分だけの音”をプレゼントしてくださった、今も変わらぬ素晴らしい恩師だ。

***

黒い哀しみのバラード (大竹史朗訳)

”ニワトリたちが大地をつつきはじめる オーロラの夜明け
ソレダー・モントヤが 暗い山をおりてくる

銅色のからだ 馬の匂い 豊かな胸
そして嘆きの歌

ソレダー あんた なんだってこんな夜明けにたった一人で歩いているの
あんたには関係ないでしょ あたしはただ あたしが探すものを探しているんだから

木の葉がさざめく オリーブの大地が広がる

ああ ソレダー!あんたの哀しみはなんて深いんだろう!

あんたのからだと服には 黒い哀しみがしみこんでいる
糸で編んだブラウス そしてアマポーラのような脚にも
そして 台所からベッドの部屋までとどいてしまう あんたの地をはうような黒い長いおさげ髪 

まるで暴れ馬のように やがてソレダーは海にたどり着く
そして波が 彼女を呑みこんでしまう

私は狂った女のように 家へ走り帰る
レモン汁の酸っぱみのように 希望が泣きながら口を濡らす
もう私に 海を思い出させないでおくれ!

ソレダー・モントヤ アロンドラの水であんたのからだを洗ってしまうんだよ
そして あんたの心が安らかであるように
ソレダー・モントヤ!

空を舞う木の葉 川が歌う
カラバーサの花とともに 新たな光が燃え上がる

ああ ジプシーの哀しみは とってもきれいでいつもひとりぼっち
川底で泣いている 遠い夜明けのように

Fuego de los dioses 詩聖ルゴーネス記念組曲「神々の炎」

***

En la Villa de Maria del Rio Seco. Al pie del Cerro de Romero nací…”
Es la version en vivo en Tokio, filmado y dirigido por maestra Sumiko Haneda, la mejor cineasta del cine documental en Japon.

In February, 2014, the government of Cordoba, asked me to compose an official music to commemorated the 140n years anniversary of the birth of Leopoldo Lugones, one of the greatest poets in Argentina.
This is a live version, filmed and directed by maestra Sumiko Haneda, the finest documenter film maker in Japan.

東京の、クロサワ楽器総本店クラシックギターフロアーとのご縁で、現在使用させていただいている”ホアン・エルナンデス・コンシエルトS”による、アルゼンチンの偉大なる詩人、レオポルド・ルゴーネス生誕140年公式記念組曲「神々の炎」のライヴ・インタープレテーション。

撮影および演出は、日本を代表するドキュメンタリー映像作家・羽田澄子さん。

ひとつの器楽組曲に対する、このとき(2017年4月)のエンディングの観客の反応はすごかった。
まるでラテンアメリカの国におけるライヴのような盛り上がりを見せている。

***

これは、2014年2月、アルゼンチン、コルドバ州政府の招聘によって同国を訪れていた自分が、同州政府文化部からの正式依頼を受けて作曲したものだ。

レオポルド・ルゴーネスは、もともとスペイン北部のアストゥーリアス地方出身のアルゼンチン入植者の末裔で、コルドバ州北部のビジャ・デ・マリア・デル・リオ・セコという町の生まれ。

当時、南米で絶大な人気を誇ったニカラグアの詩人、ルベン・ダンテスに認められ、ブエノスアイレスに出て詩作活動を開始し、数々の名作を発表する。また、その教養の高さやリーダーシップぶりから、外交官としても活躍し、欧州の駐在大使なども務めたが、”詩人は社会のリーダーであるべき”という発想が、次第に社会主義思想へと傾いて人気を下げ、最終的に若い世代からの支持を失い失脚。最後はブエノスアイレス郊外において服毒自殺を図り、決して妥協せずに信念を曲げぬまま、この世を去った人物だ。

彼の出身地のリオ・セコという町は、かつて先住民とスペインからの入植者たちが激戦を繰り返した土地で、その戦いの最中、先住民たちが、スペイン人たちが守護神として崇めていた聖女像を教会から盗み出したという逸話があり、いまでもかの地の人々は、この聖女を「カウティーバ(囚われの乙女)」と呼んで親しんでいる。

ルゴーネスは、この物語を、インディオとガウチョの戦いとして、世に広めた文学者として知られている。

作曲にあたっては、毎晩のようにコルドバ州政府文化部の理事と話し合い、ルゴーネスについて学び、アルゼンチン滞在中に第一楽章部分を作曲、そして残りをニューヨークで仕上げた。

スペインで生まれたひとつの青白い小さな炎が、じょじょに赤く、そして大きな火焔となって南米に渡り、ローズマリーの丘と呼ばれる山の麓で、月明かりに照らされながら南米人として生を受けて歩きだし、やがて南米の唄のこだまとなって消えてゆくさまを音楽で表現する、第一楽章「月の小径」、第二楽章「囚われの乙女」、第三楽章「炎」、そして最終楽章「ローズマリーの丘」という、約13分の構成。

最終楽章で歌われる歌詞は、ルゴーネスによって書かれたもので、

ビジャ・デ・マリア・デル・リオ・セコの
ローズマリーの丘の麓で 私は生まれた
私が私について言えるのは ただそれだけ
なぜなら私は この地で歌われる唄のひびきでしかないのだから

という内容。

同年6月には、アルゼンチン政府と日本政府の協力によって、「神々の炎」パラグアイとアルゼンチンの計4都市ツアーが実現。
ブエノスアイレスとコルドバではコーラスを導入し、大成功をおさめた。

その後、自分は、ロルカ追求に全精力をあげることになったので、しばらくこの曲とはご無沙汰だったが、いま六年ぶりに、実は現在、この組曲とともに、スカイプなどのビデオ出演による、アルゼンチンの放送局の番組出演計画(6月)が進められている。

パンデミックによって、3月末から多くの人々同様、自宅待機を余儀なくされたわけだが、これが三ヶ月ぶりの仕事復帰となるだろう。

自分の道は、いつも最後にはアルゼンチンに戻って行くようだ。

約13分間に渡り、”エルナンデスのギター”は自分とともに、よく泣き、そして歌ってくれている。

ただ、この直前の3月に、ニューヨークで、スペイン政府の後援のもと、ガルシア・ロルカに捧げるコンサートをするためにかなりのエネルギーを費やしており、少々疲れが出たのか、第二楽章の途中で(うまくごまかしてはいるが)フレーズを忘れてしまい、若干「ビダーラ」のリズムを崩しているところがいくつかある。

ライヴではいろいろなことが起きる。だから楽しい。

今回、この動画は、アルゼンチンからの要請によって初めて公開することになった。

この年(2017年)は、本東京公演(4月)の直後に、ニューヨーク国連本部公演(5月)があり、そのあと米国内ツアー、ソウル公演、そして南米へのツアーが続き、冗談ではなく髪の毛を切りに行く暇もないほど多忙を極めた年だったが、アメリカ内外18に及ぶ都市でのすべての公演日程を、このエルナンデスとともにこなした。

下記は、10月の南米ツアー時の現地での報道とスナップ。
美しいギターだ。純然たるクラシックの楽器だが、ラテンアメリカの雰囲気にもよくフィットする。

良い楽器との出会いを作ってくださったクロサワ楽器の皆様に、あらためて心からの感謝の意を表したい。

Screenshot 2017-10-22 14.04.23

22549012_1293021464142875_6384584590463600008_o

22553093_1293021537476201_7903877239572248315_o

Screenshot 2017-10-22 14.06.36

Screenshot 2017-10-22 14.05.16

Screenshot 2017-10-22 14.07.13

Una guitarra que llora, Ignacio M. Rozas

***

En mayo, 1995, me enamore con una hermosa guitarra en Madrid.
Modelo F1 hecha por Maestro Ignacio M. Rozas. Ella ha sido conmigo, y me ayudando que hacer la creación artística por 25 años.

In May, 1995, I fell in love with a beautiful guitar in Madrid.
Modelo F1 by Maestro Ignacio M. Rozas. She has been with me helping my music creation for 25 years.

***

1995年5月、マドリードのあるギター製作家の工房において、自分は美しいギターと恋に落ちた。

イグナシオ・M. ローサス。この楽器は、それ以来四半世紀に渡って自分とともに世界中を旅し、そして独自の音楽のクリエイションを助けてくれている。

これらの動画は、いずれもオリジナル・ギターソロ曲。

2本がライヴ(日本の世界一周豪華クルーズ飛鳥II・ギャラクシーラウンジ)で、もうひとつは自宅で撮ったものだが、クオリティーの高いPAによる響きはもちろん、ふたつめの携帯電話の録画機能を使って、まったく音の響かない部屋での撮りっぱなしのサラサラの音質でも、この楽器がいかに優れているかをよくお分かり頂けると思う。

ローサスの楽器は、少々握りが硬いため、日本ではあまり人気がないという話を聞いたが、このサステインの効いた硬質なサウンド、そして他の楽器ではまず得ることのできない”泣き”のフィーリングこそが、自分を25年もの間インスパイアーし続けているものだ。
基本的にはフラメンコモデルだが、この美しいギターが、フラメンコだのクラシックだのといった狭い次元を超越したサウンドバランスを持つことを、自分は最初のひと弾きで確信した。

弦は、クラシックのダダリオ・プロアルテのノーマルテンションを使用している。

ただ近年、さすがにアクションが高くなってきたり、ボディーに痛みも見えてきたので、一昨年、マサチューセッツ州に暮らす、ある優れたアメリカ人のリペアマンの手によってオーバーホールをしてもらった。
この飛鳥におけるライヴ二本は、修理後、最初のパフォーマンスだが、自分は彼の仕事に対し、100パーセント満足している。

ローサス氏のマドリードの店は広く、奥が工房で、ガラス窓ごしに彼の作業が見られるようになっていた。
マエストロは、自分が試し弾きしていると、工房の外に出てきて、仕事の手を休めてその音をずっと聴いていたが、”それはアルゼンチンの音楽だね?”と、まず尋ねたあと、”それはあんたのギターだね。”と言って、大幅な値引きによる「もってけドロボー」価格で譲ってくれた。

彼の言葉通り、このギターは今後も自分をずっと助けてくれるだろう。

¡Muchas gracias Maestro Rozas!

“Bachianas Yupanquianas” ユパンキ風バッハの追求

***

Gracias a Kurosawa Music Classical Guitar Store en Tokio, tuve una oportunidad que añadir esta hermosa guitarra (Juan Hernandez Concierto S) como una de mis maravillosas NOVIAS.
Es una gran pieza de Bach, la version arreglada por Atahualpa Yupanqui. Huuuu… Quien pueda crear este tipo de arreglo aparte del gran argentino? Es una magia!

Thanks for Kurosawa Music Classical guitar store in Tokyo, I had an opportunity to add this beautiful guitar (Juan Hernandez Concierto S) as one of my powerful weapons.
This is an “Atahualpa Yupanqui original version” of Bach’s masterpiece. Huuuu… Besides gran maestro, Who could create this kind of arrangement? It’s truly a magic!

数年前、東京のクロサワ楽器総本店クラシックギターフロア主催による、スペインのホアン・エルナンデスという楽器を使用しての同店内イベントに足を運んでくださった方は多いと思うが、実はそのサウンドの抜けの良さに惚れ込み、それ以降もアメリカに持ち帰り、ずっと使わせていただいている。

これは、そのエルナンデスで、ユパンキが編曲したバッハの名曲をプレイした動画だが、このような、ただ携帯電話の録画機能を使って撮っただけの音質クオリティーでも、このギターがいかに優れているかお分かり頂けると思う。
純然たるクラシックギターなので、弾き始めの頃は(自分の音楽に対して)少々エレガントすぎるきらいもあったが、ハードテンションの弦を張り、何年も弾き込むことによって、高音はますます伸び、低音もドスが効いてきた。

主よ、人の望みの喜びよ」は、実に多くの編曲があるが、だいたいGのキーで、みな品よく、どれもこぎれいにまとまりすぎた感があり、ギター特有のダイナミッックな美しさが殆ど活かされていないように思える。
もしバッハが聴いたら、「だれの曲だい?」と言って、おそらくあくびをするのではないだろうか?
自分は、このユパンキ・ヴァージョンを聴くまでは、ただの一度もこの曲をギターで弾いてみたいと思ったことはなかった。

アルゼンチンの巨匠の、まさに一線を画すアレンジは心底素晴らしい。6弦をDに落とした、決して他の楽器には置き換えられないギターならではの響き、そしてこの曲が本来持つ力強い精神性が強く打ち出された全く独自のもので、あらためてユパンキほどバッハとギターを愛し、そして理解した人間はいないと痛感する。

***

Estas actuaciones dedicadas a don ata son los mas grandes homenajes para el gran maestro de mi carrera hasta este momento.
Claro que al practicar la interpretación autentica de las canciones del maestro es importante, pero en el mismo tiempo continuare hacer esfuerzo para crear estos “Bachianas Yupanquianas” con todo mi amor y respeto. Eso sera mi deber como un artista individual.
LOs artistas hay que tener sus palabras propias.

These dedicated interpretations to Atahualpa Yupanqui are probably the biggest homage works for him in my career up to this moment.
To me, for sure it’s important to keep practicing the authentic interpretation of Yupanqui’s original works, though at the same time I will continue to keep working to create these “Bachianas Yupanquianas” as my life work. That is what I must do as an individual artist.
The artists must have their own words.

これらのライヴ動画は、自分がこれまで行ったユパンキへのオマージュの中でも、おそらく最大のものだろう。
ひとつめは、ユパンキが、自らのルーツを文学化した傑作詩「ティエンポ・デル・オンブレ(人の時間)」を日本語に翻訳したものに、バッハの名曲、リュート組曲第1番のプレリュードを組み合わせたもの。
劇団ひまわりのヤングアクトレスの朗読が素晴らしい。

ふたつめは、やはりユパンキの、自然界と人間の美しい融合を謳った「大地は大いなる歌」を、バッハのやはり金字塔、オルガンのために書かれたフーガ(’幻想曲とフーガ’ト短調よりアレンジ)に乗せ、さらに独自のメロディーを加えて展開させたものだが、オープニングの、日本を代表する大映画女優・香川京子さんの朗読は圧巻、そして続く劇団ひまわりのヤングアクトレスによるオリジナルのスペイン語コーラスは、一緒に演奏していてもまさに胸を打つものだった。

ユパンキ作品のオーセンティックな演奏スタイルを磨くことはもちろん今後も続ける。が、アーティストはつねに自分だけの言葉を持たなければならない。
自分にとっての独自の言葉とは「ユパンキ風バッハ」であり、そしてさらにそこから派生するオリジナルナンバーに他ならない。

Un mensaje yupanquiano 心からのメッセージ

***

Hace unos días, un argentino (parece un artista) se publicó un comentario que me emocionó mucho, a mi canal de YouTube.
Así que quisiera compartirlo contigo.

“Guau… hermoso, realmente hermoso trabajo Shiro, de corazón digo que tu interpretación fué excelente y me sorprendió enormemente que cantaras los versos en tan buen español hasta que leí un poco mas de tu vida y entendí todo, el maravilloso trabajo del “Arriero”. Realmente admirable y emocionante, me encantó, disfruto escuchar las obras de Ata en manos y bocas de diferentes artistas en diferentes partes del mundo, es algo increíble a veces, pero cuando vos las cantas realmente se sienten vivas las letras y la guitarra, una cosa es tocar, otra sentir y otra vivir, y tengo la certeza de que vos vivís las letras y la música. En fin, te aplaudo y felicito de todo corazón y te deseo lo mejor, un abrazo Arriero.”

自分のユーチューブ・チャンネルには、日々、アルゼンチンをはじめ多くのスペイン語圏の方々から、とてもありがたいコメントをいただくが、数日前、あるアルゼンチンのアーティストが、こんなコメントを公開投稿した。
ユパンキを心から愛する人物だろう。ちょっと照れくさいが、本場の南米人が自分の演奏をこのように感じてくれたことを心から嬉しく思ったので、日本語に訳したものを皆さんにご紹介したい。

“ああ…美しい、本当に美しい演奏に私は心から感動し、大きな驚きを受けました。その最良のスペイン語による歌唱、そしてあなたのストーリーを(オンライン記事で)知るに至り、まさに素晴らしい、真に情感豊かで褒め称えられるべき「アリエーロ(牛追い)」による演奏だと納得しています。
私はいろいろな国の、いろいろなアーティストの指と声で演奏されるユパンキ作品を聴くのが好きですが、それは時に本当に信じがたいことですけれど、あなたの演奏を聴くと、ギターと詩が本当に命を持って生きているように感じます。弾くこと、感じること、そして生きること。私はあなたが音楽と詩とともに生きていることを確信しています。
最後になりますが、あなたに心からの賞賛と祝福、そして「アリエーロ」の抱擁を送ります。”