Garcia Lorca a la Iberoamerica ‘南米風ロルカ’ ボリビア公演

***

1. Fragment from Suite ‘Soledad Montoya’ (guitar solo)
2. ‘Romance de la luna, luna’ (guitar & poem reading)
3. ‘La Guitarra’ ~ ‘Cancioncilla del Primer Deseo’ (guitar & poem reading)
4. Fragmento from ‘Gacela del Mercado Matutino’

Recoeded live at Entel Theater, La Paz, Bolivia in October, 2017
Music composed & performed by Shiro Otake
Poem reading by Beatriz Mendez

***

Es mi favorita interpretación aunque no fue filmado profesionalmente.
La voz de Beatriz Méndez, parece una perfecta mezcla de la andina y de la granadina, se queda muy linda con mi guitarra.

Although it was not recorded professionally, this is my best favorite live performance so far.
The voice of Beatriz Mendez, looks like a perfect mix of an Andian and a gypsy, fits beautifully on my guitar.

プロフェッショナル撮影された映像ではないが、“これこそが俺だ”と胸を張れる、ボリビアの首都ラパスにおけるライヴプレイ。

街で見かけたボリビアの女性は、一般に小柄で浅黒い肌の先住民系が多かったが、南米アンデス娘と、スペインのアンダルシア娘がミックスしたかのような容姿のベアトリスさんの声は、僕のギターと完璧に融合している。

この女性は歌手で、このときラパスの国立音楽院(コンセルバトワール)の学院長を務めており、朗読ははじめてということだったが、よくロルカ朗読にありがちなクサみが全くなく、とても自然で素晴らしかった。

彼女とのご縁で、僕はこの前日(ガラにもなく)、コンセルバトワールの若いギタープレイヤーたちの指導を行ったが、どうしたことか、みな不自然なレガートというかリズムの崩しを行って演奏し(誰かの真似をしているのだろうが、とても不思議に思った…)、最も大切なリズムキープが全くなっていなかったため、これを徹底的に’修理’していたら、一時間のクラスのはずが、いつしか三時間に延びてしまっていた。

勢いのあるミストーンは逆に音楽に力強さを与える場合があるが、プレイ中もしリズムを外したら、その瞬間音学は例外なく死ぬ。

会場のエンテル・オーディトリアムは、ボリビア最大手の電話会社エンテル(日本のNTTのようなもの)所有のホールで音が良く、簡素なPAをセットしてもらったが、ギターはほぼ生音のようなナチュラルサウンドで響いている。

公演後、ボリビア在住のアルゼンチンのミュージシャンが控え室を訪ねてくれ、持ってきた「ヒロシマ忘れ得ぬ町」が掲載されたユパンキの詩集にサインしてもらえないかと言うので、”それはできない。何か他のもにならする。”と言ったが、どうしてもと退いてくれないので、仕方なく隅の方に小さくサインすると、彼は”これでこの本は完全になった。”と喜んでくれた。

ボリビアの音楽愛好家は、みな心で音楽を聴き、深く理解する印象を受けた。

ビデオには、南米ツァー時の写真も満載。

***

1 組曲「ソレダー・モントーヤ」より (ギターソロ)
2 月のロマンス (朗読とギター)
3 ラ・ギターラ~小夜啼鳥 (朗読とギター)
4 組曲「朝市のガセーラ」より (ギターソロ)

音楽:大竹史朗
朗読:ベアトリス・メンデス

於:エンテル・オーディトリアム、ラパス、ボリビア、2017年10月

Concierto para Atahualpa Yupanqui アタウアルパ・ユパンキに捧げるトリビュート・ライヴ

***

1. Danza de la paloma enamorada

2. Huajra (Danza del Maíz Maduro)

3. Canción para Doña Guillerma

4. La Tierra donde Canta el Viento ~Homenaje a Atahualpa Yupanqui~ / Música: Shiro Otake

***

¡Te deseo un prospero año nuevo!

Wish you a prosperous New Year!

***
***
***

アタウアルパ・ユパンキに捧げるライヴからの編集ハイライト版

1 恋する鳩の踊り

2 ウァラ(熟れたトウモロコシの踊り)

3 ギジェルマおばさんに捧げる歌

4 風が歌う地〜ユパンキへのオマージュ〜 / 曲:大竹史朗

どうぞ皆様良いお年を!

Dos TV entrevistas inéditas en las Américas ラテンアメリカテレビ生出演未公開インタビュー集

***

Mis primeras entrevistas en castellano para TV en vivo inéditas en mi vida.
Parece poco nervioso….

My unpublished first live TV interviews in Spanish in my life.
Looks little nervous

僕のラテンアメリカへの本格的な演奏旅行(アルゼンチンを除く)は、中米ニカラグアグアテマラ、そしてホンジュラスから始まった。

これは、グアテマラにおける、僕のキャリア上、スペイン語による最初のテレビ生出演(未公開)インタビューで、ユパンキ芸術との出会い、そして今に至るまでなどを簡単に話した後、名曲「牛車に揺られて」をライヴ演奏している。

少々緊張気味…

***

***

こちらは、次の訪問国ホンジュラスの、やはりこれまで公開していなかったテレビインタビュー。

ホンジュラスでは、すでにこの前にもう一本テレビに生出演してのユパンキ演奏があり場数を踏んでいたので、だいぶ落ち着いてきた感がある。

いきなり史朗という名前のスペイン語訳を聞かれて面食らうところ、使っているギター(アルゼンチン製の、木製糸巻きをヘッドに使ったカスタムモデル)について、受けた音楽教育などを語っているが、笑いになるところがふたつあり、それは、”そもそもなぜニューヨークからアルゼンチンに行くことになったのですか?”という質問にたいして、”すごく長い話なので、全部聞くと明日までかかりますよ。”というところと、”作曲は頭で行うのですか。それとも心で?”という問いに、両手を見せて、”指ですね。”と切り返すところ。

結構冗談も咄嗟に出るようになってきた。物事はなんでも’慣れ’だ。

Garcia Lorca Suite Dance in Seoul Mini Documentary ガルシア・ロルカ・ダンス組曲 in ソウル ミニドキュメンタリー

***

Un mini documental de mi gira en Seul para estrenar ‘La Guitarra (Garcia Lorca Dance Suite)‘ junto a cuatro excelente bailarinas coreanas de ‘Changmu Dance Company,’ el mejor grupo de la danza moderna en Corea.

A mini documentary for my tour in Seoul to premiere ‘La Guitarra (Garcia Lorca Dance Suite),’ with the stunning four female dancers of ‘Changmu Dance Company,’ the finest modern dance group in Korea.

これは、僕が、2017年9月、ソウルに招聘を受け、韓国を代表する現代舞踊団’チャンム(創舞)’の優れた女性ダンサー4名とともに初演した、「ラ・ギターラ 〜ガルシア・ロルカ・ダンス組曲〜」のミニ・ドキュメンタリー

稽古場でのリハーサルの様子から、本番直前のドレス・リハーサルまでがおさめられているが、フィルムの冒頭、希望する音が出なくて少々ピリピリしているところや、本番当日は朝からホールにカンヅメだったため、控え室でヒゲソリしているところ、また、公演当日駆けつけてくださった、個人的に親しくさせていただいている国民俳優アン・ソンギさんも登場する。

Renaissance Lute 4 One Night Only 一晩限りのルネッサンス・リュート・プレイヤー

***

Una rara actuación junto a laúd por la primera vez, y también por la ultima vez en mi vida.

A rare performance with renaissance lute for the first time, and also for the last time in my life.

恩師・故鈴木巌先生とのジョイントライヴ(東京、2013年10月)に花を添えるために、僕はこの夜、はじめて古楽器ルネッサンス・リュートのプレイを行った。

一曲目が、おなじみ「グリーンスリーブス」をリュート用にアレンジ、日本語のオリジナル歌詞をつけての弾き語りで、さらにそのあと、やはり自分でアレンジした、よく知られているバッハのヴァイオリン協奏曲の第三楽章’アレグロ・アッサイ’を、鈴木先生のギター伴奏によって披露している。

鈴木先生との楽しいおしゃべりもお楽しみください。
こんな素晴らしい音楽の師匠が、この世に他にいるでしょうか?

自分がコンサートでリュートをプレイしたのは、後にも先にもこの日が最初で最後

***

***

Después de tocar una maravillosa Bach, hemos cerrado este fabuloso concierto con ‘Romance del Amor (Juegos Prohibidos),’una gran pieza muy popular de la guitarra clásica.
Los videos fueron editado por mi mismo.

After playing a fantastic Bach, we’ve closed our fabulous show with ‘Romance del Amor (Forbidden Play),’ a very popular classical guitar piece.
These videos were edited by myself.

ギターのデュオによる、プログラム最後のバッハのプレイのあと、僕と鈴木先生は、おなじみ「愛のロマンス〜禁じらた遊びのテーマ」をアンコールで披露し、この素敵なコンサートの幕を閉じた。
こうしてクラシックギター最大のポピュラーナンバーが、僕とかけがえのない恩師の最後のパフォーマンスになった。

鈴木先生はこのとき81歳

セゴヴィアをも凌いでいたと思われる、若き日の高度な技巧や正確性は流石に衰えを見せてはいるが、ギターのプレイヤーにもっとも必要な音のツヤと深みがさらに増していて素晴らしい。

***

僕は中学生の時、NHKのギター講座の講師をしておられた鈴木先生をいつもテレビで観ていたが、鈴木先生は、やはり番組を担当していた他の講師の演奏家衆に比べ、”この人はギターをプレイするミュージシャン”だ!”と、いう印象を強く感じることのできた唯一のプレイヤーだった。

残念ながら、現在のクラシックギターの演奏家の殆どは、世界的にこの部分が欠如している気がし、単に”音楽を弾くギターの奏者”という薄っぺらい印象しか受けない。
クラシックギターが本来持つはずのポピュラリティを失い、一部の愛好家のなかだけで存在する最も人気のない音楽カテゴリーに入ってしまったのは、おそらくそのせいだろう。

自分はこういったことを、現代ギター誌主催の濱田滋郎さんとの対談で語っている。
自分にとって、胸にくる音楽をパフォームするものは、常に’プレイヤー’と呼ぶべきものであり、そうでないものは、単なる’奏者’でしかない。

僕は、鈴木先生のような高度な演奏技術は持たないが、この”ギターをプレイするミュージシャン”であるという点についてだけは、決してひけを取らないつもりだ。
先生と僕は、最初は師弟という関係で始まったが、最後は、良き’同業者’、そして芸術に携わる良き’宿敵’だった。

この二本の動画は、僕自身が(無料ダウンロード・ソフトですが)編集を行った。

Le Gitan New Yorkais avec la Solitude et la Passion

Top