Bach Improvisation on Sakazo Nakade 1978 autographed by Antonio Gades

***

El increíble sonido de mi guitarra (Sakazo Nakade 1978) autografiada por Antonio Gades.
Es verdaderamente mi tesoro insustituible.
“Maria de Betania” es una de mis ‘Bach Improvisaciones,’ inspirada por una historia emocionante de la Biblia sagrada, utilizando a “Allemande BWV.1011.”

The incredible sound of my Sakazo Nakade 1978, autographed by Antnio Gades.
This is truly my irreplaceable treasure.
“Mary of Bethany” is one of my “Bach Improvisations,” inspired by the emotional story from the Holy Bible, and “Allemande BWV.1011.”

***

最近、自分自身でオーバーホールを行った、日本の名工、中出阪蔵さんが作ってくださったギターを使い、現在制作中の、ダンサーのパフォーマンスを加えての新作で、バッハの無伴奏チェロ組曲第5番’アルマンド’に、自作のイントロダクションを加え、新約聖書のなかでも最も感動的な話のひとつである「ベタニアのマリア」のサウンド表現を試みた”バッハ・インプロヴィゼーション”の一部分。

強く豊かな中低音、芯のある、サステインの効いた伸びる高音、そして和音で鳴らした時のサウンドバランスの良さは、本当に信じがたいものがある。
こんな素晴らしいギターの製作家が我が国にいたことを、私たちは誇りに思わなくてはならない。
自分には現在、スペインの二台とアルゼンチンの三台の楽器を、訪れる国や曲目にあわせてメインにプレイしているが、日本の中出さんのギターも、今後かけがえのない武器として活躍してくれるだろう。

(こういったニューヨークの自宅録画は、自分で何度も繰り返し撮ってはアラを探して精度を上げて行くためのもので、当ホームページ以外では公開していない。)

バッハといえば、大聖堂の天を衝くような荘厳で圧倒的なオルガンサウンドや、清らかで神々しいカンタータのイメージだが、彼が生前行ったことで最も素晴らしいことは、ヨーロッパの様々な舞曲を収集して研鑽し、それに新たな芸術的生命を与えた多くの器楽曲を創ったことにある。
アルマンドは、フランスの宮廷で流行したいうドイツ風舞曲だが、ガボットやブーレ、ルールなどはフランス農民の舞曲、またサラバンドにいたっては、シャコンヌとファンダンゴ同様、もともと中米マヤ文化に起源を持つ三拍子の土着舞曲で、スペインの征服者たちが本国に持ち帰った後、ヨーロッパで爆発的に流行したが、どうやらマヤ風の(?)妙な振りがつけられたらしく、いっときはダンスの禁止をされていた時期もあったようだ。
アルマンドについても、もとを正せばドイツのフォークダンスであったに違いない。

こういったヴァラエティーに富む土着民俗文化に、遥か南の地で芸術的生命を注いだのが、アルゼンチンのアタウアルパ・ユパンキである。
バッハとユパンキは、時空の異なる別大陸において、土着舞曲の研鑽、そしてそれらに対する芸術的昇華の試みと、まさに同じクオリティーの仕事をしたといえるが、今こういうことをきちんと理解する人間は少ない。

自分は今後も、こういったアプローチでバッハとユパンキをプレイしてゆくつもりだ。

この中出さんのギターは、少年時、鈴木巌先生の門弟に加えていただいた1978年に作っていただいたものだが、のちに鈴木先生は、実際中出さんにお支払いした価格(11万5000円~領収書が残っている~)よりも、はるかに良い材質と技術が使われていると話してくださった。
先生が、特別に中出さんに頼んでくださったのだろう。
それは、いまこのギターの音を聞けば容易に理解できる。

また、学校に持って行って悪友たちとこの楽器を振り回していた際、床におっこどしてボディーの下のところが割れてしまい(アホかおめえ)、慌てて鈴木先生のところに駆け込んだことがあったが、先生は、中野の中出さんの工房にご自分で持って行ってくださり、すぐにきれいに直して持って帰ってきてくださった。
その際の修理費は、お支払いした覚えがないので、もしかしたら先生が払ってくださったのか、中出さんが無料で直してくださったのか、いまとなってはわからないが、とにかく自分は、鈴木巌先生という素晴らしい師匠に出会えたことに、ただ心から感謝している。

後年このギターには、スペインの不世出のフラメンコ舞踊家、故アントニオ・ガデスによって、”同士より敬意とともに”とサインがしたためられた。
これからこの楽器を使ってコンサートを行うことは、きっと誰よりも鈴木先生に喜んでいただけることだろう。

Atahualpa Yupanqui Solo Guitar Works Vol.1 ユパンキギターソロの真髄1

***

Mis doos interpretaciones homenajeadas a don ata.
He sido recibiendo contactos de la gente (incluso norteamericanos) que quiere tocar la música del gran maestro argentino. Asi que ahora estoy en serio, pensando escribir las partituras de esas bellísimos estilos para solo de guitarra.

My homage interpretations to Atahualpa Yupanqui.
I have been receiving contacts from the people who wish to play Yupanqui’s music. Right now, I’m thinking to write the sheets seriously.

ユパンキの原曲プレイをほぼ忠実に採譜し、ニューヨークのスタジオでレコーディングを行った音源による二本の動画。

トップのものが、5弦をG、6弦をDにそれぞれ落とした変則チューニングによる、アルゼンチンフォルクローレの醍醐味と呼んでいい、速いテンポの魅惑的舞曲’チャカレラ’を使って書かれた「ラ・フィナディータ」と、ボトムのほうが、息を呑むような美しい旋律が、優雅な’サンバ’のリズムに乗って展開する「幸福だった昔のサンバ」。

どちらも、ギターという楽器の機能性と音色の美しさを極限まで活かした、巨匠ならではの名作だ。

(チャカレラのほうは、実際は、ユパンキと親交が深かったディアス兄弟によってもともと書かれたものだが、自分は、ユパンキがアレンジしてプレイしたレコードを採譜している)

このところ、自分はユパンキのギター曲を弾きたいという多くの人々から連絡を受ける。

自分は少年時、鈴木巌先生にクラシックギターの手ほどきを5年間受けているので、楽譜の読み書きはもちろんできるが、子供の頃から、ユパンキをはじめ、ホセ・フェリシアーノ、バート・ヤンシュといった、市販楽譜が存在しない名プレイヤーたちの音楽をレコードコピーしていたので、いまでも音は目で見るより耳で覚えたほうが速く、自分の音楽を譜面にすると、目の前を音符がちらついて感覚が狂う。
レコードから耳コピーしたユパンキの音楽は、便宜上、トランスクリプション(採譜)という表記をとるが、楽譜にしているものはひとつもない。

しかし、今回のパンデミックで、世界最大の死地ニューヨークに暮らすなか、これまで考えなかったようなことを考えるようになった。
ユパンキのギター音楽を決して絶やしてはならないだろう。独特のシンコペーションやリズムブレイクが魅力となっている彼の音楽を正確に表記することは容易ではないが、いまも多くの人々に愛されている調べの数々を、少なくとも英語、スペイン語、そして日本語による自分の解説付きで発表することは、自分の使命であるような気がしてきている。

美しい真のギターの響きを持った音楽を世に残すため、自分は今後、おそらくユパンキのギターソロや、歌入りのものの楽譜を書くことになる。
それに際し、まずはギターソロのものから始めると思うが、これは、そのプロセスの第一歩になる音源ビデオ。

Resurrección de Sakazo Nakade 1978 新作「SONOKO~園子~」と中出阪蔵さんギター

***

Después de la reparación de mi ‘Sakazo Nakade 1978’ por mi mismo, ahora es increíblemente hermosa la voz de de ella.
Desde el año proximo, elle comenzara viajar a mi gira conmigo.
Es un fragmento de ‘SONOKO (Confesiones de una mascara),’ mi obra nueva inspirada por la gran literatura de Yukio Mishima.
Probablemente una extraordinaria guitarra japonesa como ella, seria mejor para expresar de la belleza de una japonesa como ‘SONOKO.’

After the repairing for my Sakazo Nakade 1978 guitar by my self, now she sings incredibly beautiful.
From the next year, she will start touring with me.
This video is a fragment of ‘SONOKO (Confessions of a Mask,)’ my new composition inspired by Yukio Mishima’s masterpiece.
An extraordinary guitar like her, probably should be the best to express the beauty of a Japanese girl like ‘SONOKO.’

来年からのツアー再開に向け、中出阪蔵さん1978年製作のギターのリペアを自分自身で行った。

ずば抜けた音の抜けの良さ、豊かなサステイン、透明感のある香り高さと、パワーのあるシャープさを併せ持つ音色は、誕生から42年経った今も変わらないどころか、まさに日々生命を持って進化し続けているようだが、ツアーに向けてより完全な状態にするため、親しいアメリカン・リペアマンのアドヴァイスを事前に受け、まずフレットとボディーを磨き、マシンヘッドの交換を行い、最後にアクションを下げる作業を行った。

この楽器は、スペインのヴィンテージギターに見られる、現在ほとんど使われていない、ペグとペグの感覚が通常より4ミリ長いマシンヘッドを使っているので(よって楽器自体も長い)少々見つけるのに手間取ったが、’GOTOH’というメーカーがこのタイプのものを製作しているのがわかり、フロリダの楽器業者から取り寄せた。

中出さんギターに限らず、マシンヘッドの交換は大抵いつも自分で行うので、専用の工具も所持している。

この動画は、来年初演予定の組曲「SONOKO~園子~」中の、実際にはつながっていない、最終第四楽章の冒頭部および、第一楽章ラストのトレモロを効かせる部分だが、ここは、園子の類稀なる美しさと、彼女のエモーショナルな吐息のような叫びを表現する最も大切なパートのひとつ。
これから作る、来春4・9ヤマハホール公演にむけたイメージビデオの音源になる。

現在メインでプレイする5台すべてのギターを使って録音を行い、サウンドを比較してみたところ、この中出さんの楽器がいちばん自分が欲しい音に近いことがわかったので、とにかく自分で完全に納得のゆくような音にするため、特にアクションを下げる作業は、三段階に分けて慎重に行った。

自分はギターのオタクでもコレクターでもない。ただ自分がこれだといえる音を追求するのが好きなだけ。
動画で出している中出さんの楽器の音色は、いまそれにとても近いと思うが、このギターはまだまだもっと凄い音を秘めている。

自分で行ったリペアの結果、さらに音が良くなって気分がいいが、日本女性の美しさを表現するには、やはり日本のギターがいいのかも???

残念ながら現在の日本では、中出さんのギターは主流ではないが、いまも欧米では多くの愛好家が存在する。

以前、あるイギリスの中出さんの楽器を販売する業者が、”サカゾー・ナカデのギターの素晴らしさは、シロー・オータケの演奏によって実証されている”と、オンラインに記述したので、そのあといろいろな人からずいぶん中出さんの楽器について質問を受けた。
歴史としても、真のサウンドを持ったギターとしても、これからもっともっと大切にされて然るべき楽器であることは言うまでもない。

Atahualpa Yupanqui ‘Danza de la Luna’ ユパンキの「月の踊り」山崎克洋さんへのオマージュ

***

Danza de la Luna (Moon Dance)

Composed by Atahualpa Yupanqui
Trancription & performed by Shiro Otake
Photo by Katsuhiro Yamasaki
Video created by Rieko “RICO” Yamamoto

月の踊り

作曲:アタウアルパ・ユパンキ
採譜、演奏:大竹史朗
撮影:山崎克洋
ビデオクリエイション:山本”RICO”理恵子

***

Un gran homenaje a don ata, junto a mi interpretación de un maravilloso solo de guitarra.
Las hermosas fotos fue sacado por señor Katsuhiro Yamasaki (in 1966,) el jefe de la circulo de la música argentina en Hiroshima, y era un gran amante de Atahualpa Yupanqui.
Luego en 1992, señor Yamasaki hizo un gran esfuerzo para organizar un concierto para estrenarme en Hiroshima.
Sin duda, era uno de los mas importantes hombres en mi vida.

An homage to Atahualpa Yupanqui, with my performance of ‘Moon Dance,’ an extraordinary phenomenon.
Those beautiful pictures were taken by Mr. Katsuhiro Yamasaki (in 1966,) a leader of the Argentine traditional music fan circle of Hiroshima , and also a big fan of Atahualpa Yupanqui.
Later in 1992, Mr. Yamasaki made a huge effort to organize my debut concert in Hiroshima.
No doubt, He was one of the most important men in my life.

アタウアルパ・ユパンキのギター曲のなかでも、自分が最も好きな作品が、この「月の踊り」。
アンデス高原に暮らす先住民たちの代表的舞曲リズム、”ウァイノ”を使い、大幅な変則チューニングによって書かれた、どこか東洋的な神秘さが漂う美しい調べは、まさに巨匠の独壇場と言っていいだろう。

ビデオに使用した美しい写真を撮影したのは、当時、広島アルゼンチン音楽同好会のリーダーをしておられた故山崎克洋(やまさきかつひろ)さんで、トップ写真でユパンキと一緒に写っている32歳の青年。
山崎さんは、この26年後の1992年、広島における自分のデビューコンサートを開催するため、たいへんな努力をしてくださった、文字通り自分にとっての最大の恩人のひとりである。
この動画は、山崎克洋さんに献呈したい。

***

この録音は、自分が所持するギターのなかでも、最も強く豊かな低音をもつ、アルゼンチンのグレゴリオ・カブラルという製作家が1995年に作ってくれた楽器を使っておこなった。
ノガル(アルゼンチン産胡桃)という珍しい材質に加え、第一弦を21フレットまで打ち付け、さらにヘッドに木製の糸巻きをつけてもらうという超カスタムモデルで、2000年代のはじめは、このギターとともに多くの中南米諸国をツアーした。
中米ホンジュラスの首都テグシガルパの国立音楽学校オーデトリアムでのコンサートから、「ギジェルマおばさんに捧げる歌」、そして同じくテグシガルパのテレビ番組におけるライヴパフォーマンス(スペイン語インタビュー付き)で 「牛追い」、それぞれお楽しみいただけると嬉しい。

ユパンキ作品を多くプレイする、特に中南米における公演に、まさに絶対的な威力を発揮するのがこのギターだ。

Le Gitan New Yorkais avec la Solitude et la Passion

Top