Homage to Paganini 悪魔の恋人 (パガニーニ・ライヴ・イン・ロンドン)

***

Las aperturas de “Sonata Paganiniana 1 (La novia del diablo) y 2 (Romance del diablo,)” mis nuevas obras para solo de guitarra, dedicadas a Nicolo Paganini, el violinista del diablo, y el verdadero “rockero” del siglo XIX. Paganini hizo muchas bellas composiciones a su novia, una guitarrista. Mi composición es un homenaje al gran músico italiano, que era realmente un “angel.”

***

The opening parts of “Sonata Paganiniana 1 (Devil’s sweetheart) & 2(Devil’s romance),” my new works for solo guitar dedicated to Nicolo Paganini, the devil’s violinist, and the true “rocker” of the 19th century. Paganini wrote many beautiful guitar music for his girlfriend who was a guitar player. “Devil’s Sweetheart,” and “Devil’s Romance” are my humble tributes to the great Italian musician who really was an “angel.”

”悪魔のヴァイオリニスト”と呼ばれた19世紀のロック野郎、ニコロ・パガニーニは、おそらくギターを持つと、とても気持ちが穏やかになったのだろう。ギタリストだった恋人のために美しいギター曲をたくさん書いたという。

その恋人というのは、詳しい記録が残っていないが、ナポレオンの実の姉、マリアンヌ・エリーズ(オカメだったらしい)が、現イタリーのルッカ(トスカーナ)という公国の女王として肩をいからせていた時代(パガニーニは、この女ボスの庇護を受けていた)の話のようで、アデールという名の伯爵夫人だったと自分は解釈している。
パガニーニは、ヴァイオリンのEとGの弦のみを使って、伯爵夫人の彼との会話を模した美しいソナタを作曲し、夜更けに古い教会で彼女に弾いて聞かせたそうだ(なんでもフラジオレットで弾かれる甲高い音は、二人の中に嫉妬した女王の声だということ)。

ただし、自分は準備段階として、1979年にアメリカで出版された、703ページに及ぶ大パガニーニ研究書「パガニーニ」という本を一年かけて読破したが、伯爵夫人がアデールという名前だったという一文は見つかったが、彼女がギターをプレイしていたという記述は見当たらなかった(上記の二枚の写真は、その本から抜粋したもの)。

しかし、アデールがギターの愛好家だったと仮定すると、何故パガニーニが、あそこまでロマンティックなギター伴奏のソナタや、美しいギターのソロ曲を、その時代に異常なまでに量産したのかなどなど、いろいろと辻褄が合ってくる。
もしかすると違うのかもしれないが、あまり史実にばかり執着すると、ときにイマジネーションの翼が拡がらなくなるので、アデールは、”悪魔を天使に変えた世にも美しい女ギタープレイヤー”だったと、自分は決定した。

そんなアイディアで作ったのが、下記二つの動画を第一、第三楽章とした、いずれもパガニーニの作った主題をインプロヴィゼーション展開させた、「ラ・ギタリスタ〜悪魔の恋人〜」とタイトルした三楽章構成の組曲。

最初のものが、最終楽章の冒頭部「ラ・ギタリスタ(はじめに聴かれるメロディーは、よく知られたヴァイオリン協奏曲第1番の主旋律)」で、ふたつめが、感傷的なメロディーが美しい「ロマンス」を、中間部に独自の展開部を加えて編曲、「悪魔のロマンス」とした、どちらも、自身ギターの名手であったパガニーニ が、もしヴァイオリンではなくギターを携えて、一晩限りのスペシャルライヴをロンドンで行なったら???という空想から作ったファンタジー「Paganini Live at Theatre Royal, Covent-Garden (パガニーニ・ライヴ・アット・コヴェントガーデン王立劇場)」のなかの一曲。もひとつめのほうは冒頭部のみだが、ふたつとも一般非公開ビデオ

「ラ・ギタリスタ」のパートのみ、一昨年のNYの国連大使公邸コンサートで一度披露しているが、4月3日の銀座ヤマハホール公演では、これに第二楽章「伯爵夫人アデールに捧げるメロディ」を加え、はじめて完全版をプレイする予定。

Guide to reunite with Yupanqui ユパンキとの再会のためのガイド

***

Guía para reencontrarse con Yupanqui,” el maravilloso libro hay mi nombre, como ‘algunos se consideran alumnos,’ junto a los de Suma Paz, José Ceña, y Demetrio Xavier. Es un inmensurable honor para mi.

Guide to reunite Yupanqui,” on this beautiful Argentine book you can see my name as ‘one considered as alumnos,’ with the names of the other Argentine and Brazilian artists. It’s a great honor to me.

アルゼンチンで作られた「ユパンキと再会するためのガイド」という素晴らしい書籍に「弟子と熟考される」として、アルゼンチンの2名、そしてブラジルの1名のアーティストとともに自分が紹介を受けている(下記写真の2行目、クリックすると拡大して見られる)。

その4名のうちのひとりは、生前ユパンキが誰よりも大切にしたといわれる、誰もが認める愛弟子、アルゼンチンのスーマ・パスで、自分も彼女が演奏するユパンキの曲はよく聴く。

また、私たち4人の紹介の後は、アルゼンチンのロックバンド、ディヴィディードスの「牛追い」や、ベテラン歌手アルベルト・コルテスがユパンキ作品ばかりを録音したアルバム、また、チリの名シンガー・ソングライターアンヘル・パラが、やはりユパンキ作品を吹き込んだレコードなどの、特筆すべきオマージュ演奏が記されている。

最も大切なのは、ただ巨匠が弾いたものを同じようにプレイすることではなく、全く違う独自なスタイルを持って、しかもそこに同じ精神を感じさせるインタープレテーション。そこに尽きるだろう。

正直なところ、自分はユパンキの弟子であるという意識は持たない。が、彼の素晴らしい芸術の継承者のひとりであるという意識は、最近徐々に持ち始めている。
いずれにしても、こういったことは大変な名誉と感謝している。

***

4.3.20 Homage to Atahualpa Yupanqui ユパンキへのオマージュ公演前売開始

***

原爆投下から75年
アルゼンチン・コルドバ州政府より“ユパンキアーノ”の表彰を受け
NY国連本部においてピース公演を大成功させた大竹史朗が
アタウアルパ・ユパンキの至宝とともに奏でる平和への祈り

Hiroshima 忘れえぬ町

大竹史朗ギターリサイタル

日時:2020年4月3日(金)19:00開演(18:30開場)
会場:ヤマハホール
東京都中央区銀座7-9-14
料金:6,000円 全席自由(当日券 +500円)

前売開始:2020年1月31日(金)10:00
チケット取扱:e+(イープラス)

出演:大竹史朗
スペシャルゲスト:LAVA

***

***

アタウアルパ・ユパンキ、1966年春、広島市にて、当時広島アルゼンチン音楽同好会の会長をしておられた故山崎克洋(やまさきかつひろ)さんと。
今回の宣伝物のユパンキの写真は、山崎さんが撮影されて、長い間大切に保管されたいたネガを、数年前に自分が東京でデジタル化したものだ。

1992年2月、「ヒロシマ忘れえぬ町」の作曲に対する公式演奏許可を、ユパンキのご長男ロベルトさんが下さったことを受け、この山崎さんが中心となった広島の市民グループの皆さんのご尽力により、自分は5年ぶりに日本に戻り、そして広島市内のコンサートホールで華々しくお披露目公演をさせていただいた。

当時、ニューヨークのラテンスラム街のバーやレストランで、ただ安物のギターをひっぱたきながら叫んでいた何のキャリアもない自分が、本格的に南米音楽の演奏家として活動をはじめることができたのは、この山崎さんのおかげと言っても過言ではない。

1992年11月に行われた「ヒロシマ忘れえぬ町」コンサートの際、恥ずかしながら自分は、正式なコンサートで弾けるような楽器を持っていなかったので、鈴木巌先生に、中出阪蔵さん製作によるギターをお借りして広島に向かったのだが、鈴木先生は、そのあともしばらく、その状態の良い優れた楽器を預けてくださっていた。

このコンサートが、ユパンキへのトリビュートのみならず、大恩人の山崎克洋さん、そして、ユパンキに会う前に自分にクラシックギターの指導を丁寧に行ってくださった故鈴木巌先生へのオマージュ公演であることは言うまでもない。

Al maestro Iwao Suzuki 鈴木巌先生へのオマージュ

***

Debido a mi horario el abril, por todos medios debo volver a NY el día 16. Así que tenía que declinar mi participación al concierto homenajeado a maestro Iwao Suzuki (1932-2019) el 23 de abril ya estaba programado….. Aun lo siento tremendamente, voy a tocar mi “Iberoamericana,” inspirada por la gran interpretación de Bach por maestro Suzuki, el 3 de abril en la sala mayor de Yamaha Hall, con mi todo respeto y del amor al “Preeminente Maestro Japonés.”

Due to my schedule in April, I had to decline my participation for the Homage concert for maestro Iwao Suzuki (1932-2019) on April 23rd once was already scheduled… Although I’m truly sorry about it, I will be performing my “Iberoamericana,” which is inspired by maestro Suzuki’s fantastic Bach performance, on April 3rd at Yamaha Hall instead, with full of my love and respect to this “Japanese Guitar Giant.”

関係の皆様にはすでにお知らせしたが、4月の日本滞在の際、急遽16日にどうしてもNYに戻らなければならなくなり、23日にご招待を受けていた恩師・鈴木巌先生の追悼公演への出演を断念せざるを得なくなった。本当に残念でならないが、たとえどこにいても、自分はいつも先生への感謝の気持ちを大切にしていることを理解していただけると嬉しい。

***

3年前、三宿の鈴木巌先生のご自宅を訪ねた自分に対し、先生はドアを開けるやいなや「あのバッハ(その数日前に東京公演でプレイしたリンクビデオの曲)は凄いな!史朗君はバッハを感覚で捉えている。とても僕には真似できないね。もしあれにケチつけるやつがいたら僕がケンカするよ!」と興奮ぎみにおっしゃって下さった。

これは、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番のアダージョを、後半ロックとフラメンコ、およびラテン・ルンバのリズムを混合導入してアドリブ展開させた作品だが、そもそも鈴木先生が1980年代のはじめに、上野の文化会館ホールで行った東京公演の冒頭ナンバーとしてプレイされた同曲に強くインスパイアーされてできたもので、前半のバッハの部分は、先生からいただいた、ご自身の編曲による楽譜をベースにしている。

鈴木先生のソナタ第1番のプレイは、ヴァイオリンの原曲を最大限にリスペクトしながら、そこからギターの音楽として見事に表現された全く新しいスタイルの演奏だった。

鈴木巌先生は、自分にとって永遠のバッハ・インタープレテーションのヒーローだ。
先生の追悼公演で、自分はこの曲をプレイするつもりでいたので、参加できなくなったのは本当に残念だが、満身の力とグラン・マエストロへの心からの敬意を込めて、4月3日、銀座ヤマハホールにおいてこのナンバーをプレイする。

Saludo a María Angélica Funes マリア・アンヘリカ・フーネスに捧げるトローバ

***

Me hacen llorar, y me hacen estar tan fascinado las interpretaciones de María Angélica Funes, una gran guitarrista argentina.
El 3 de abril, durante mi recital en Tokio, voy a tocar un bellísimo tema de Federico Moreno Torroba, para homenajear a esta preeminente artista sureña, con mi máximo respeto.

The wonderful interpretations of María Angélica Funes really makes me cry.
I will be performing a beautiful solo, composed by Federico Moreno Torroba in Tokyo on April 3rd, with full of my respect to this preeminent Argentine classical guitar player.

***

アルゼンチンにマリア・アンヘリカ・フーネスという素晴らしいギタープレイヤーがいる。

純然たるクラシックのアーティストだが、これほどまでに自分を感動させるプレイヤーは存在しない。最高水準のテクニック、クラシカルな香り高さ、そして民俗的な力強さが完璧に融合した独自のスタイルによるプレイは、何時間聴き続けても決して飽きることはない。
双璧を成したと言われる、やはりアルゼンチンのマリア・ルイサ・アニードは知名度が高く、クラシックだけでなくフォルクローレのスタイルによる自作品を数多くプレイした、もちろん最高のプレイヤーだったが、真に民俗的なサウンドによる傑出した南米人的感覚で、ヴァラエティーに富んだクラシックのレパートリーを表現できたギターの第一人者は、おそらくこのマリア・アンヘリカ・フーネスをおいて他にいないと自分は思っている。

来る4/3の銀座ヤマハホール公演において、自分は、スペインの国民作曲家、トローバによる「アンダンテ(ソナティネ第2楽章)」を披露するが、これは、この曲を最高水準のテクニックと音楽性でプレイしてくれたアルゼンチンのマリア・アンヘリカに、心からの敬意を表しての演奏になる。

Le Gitan New Yorkais avec la Solitude et la Passion

Top