Romance de la luna, luna (Ballad of the moon, moon) ロルカの幻想美「月のロマンセ」

***

Una interpretación en vivo de mi solo de guitarra inspirado del fenómeno (Romance de la luna, luna ~Romancero Gitano~) de Garcia Lorca.

A live interpretation of ‘Ballad of the moon, moon ~Gypsy Ballads~,’ a phenomenon by the legendary Spanish poet.

***

月が 鍛冶場にやってくる 
白くて香りのよい 花のスカートをまとって
坊やは月を見てる、見てる
ゆれる空気の中で 月がゆっくりと腕を動かす
なんて硬くてセクシーな 彼女の乳房

月よ、逃げて、逃げて
もし ジプシーたちがやってきたら
彼らはきっと あんたの心で
白いネックレスと 指輪をこしらえるよ

坊や、私を踊らせておくれ。
ジプシーたちがやってきたら
彼らはきっと 鍛冶場の金床の
閉じた目のなかで あんたを見つけるよ

月よ、逃げて、逃げて
あたしには もう馬が来るのが聞こえてる
坊や あんたは乗っちゃだめ
あたしの 白い粉を踏んじゃだめ

馬乗りたちが 近づいてくる
野原の 太鼓を叩きながら
鍛冶場のなかの坊やは 目を閉じている

彼らは オリーブの木立を通ってやってくる
銅色の肌、そして夢
頭を持ち上げて
そして 目を閉じて

*スマージャはどんな風に歌うの?
ああ! 木立の中で どんな風に歌うの?
月が 空を横切ってゆく
坊やの手のなかで

鍛冶場で ジプシーたちが泣いている
空気は それを見てる、見てる
空気は それを見てる

*スマージャ:夜鳥

***

ガルシア・ロルカの傑作詩集「ロマンセーロ・ヒターノ(ジプシー歌集)」の冒頭を飾る詩に霊感を受けたオリジナル・ギターソロ。

今回のビデオは、ライヴ映像が中心の短い作品。
日本語字幕を入れるとゴチャゴチャしてしまうため、詩の対訳は上に表記した。

他の作品同様、ロルカの詩は主語が自在に入れ替わり、それが原語のスペイン語だと極致的な幻想美の効果を生むのだが、日本語にそれを正確に変換するのは容易いことではない。

この訳は、決してベストなものではなく、解釈も間違っている部分もあるかもしれない。が、これはあくまでもミュージシャンである僕が、自作曲をプレイするうえで最も大切な’フィーリング’を得るための、芝居で言えば、僕専用の’演技メモ’のようなものだと思っていただけると嬉しい。

ロマンセという言葉は、バラードとか叙情歌という風に訳されるが、ぼくは、原語’Romance‘を、そのままスペイン語でカタカナ表記している。

***

ロルカは、かつてあるインタビューでこう語った。

”私はジプシーではない、私はアンダルシア人だ、このふたつはよく混同されるが、アンダルシア人がどこかジプシー的であることは否めない。では、私にとって最もジプシー的なものはなにか?それは本と文学だ。”

これは個人的見解だが、この「月のロマンセ」や、僕がやはり心酔する「ソレダー・モントーヤ(黒い哀しみのロマンセ)」や、も含め、こういった主語が自在変化をとげ、読むものにある程度の想像力を要求されるスタイルの作品というのは、アンダルシア人とジプシーの会話といって、ほぼ間違ないと思っている。

***

ビデオに使用したジプシー娘の絵は、1953年にメキシコシティーで出版された「ジプシー歌集(’カンテ・ホンドの歌’、および、’イグナシオ・サンチェス・メヒーアスによる哀歌’を併録)」の表紙ダストカバー(ハードカバーを覆う紙ジャケット)を飾るもの。
全165ページの立派な装丁で、もちろん古本で購入したものだが、痛みもほとんどなく、僕はこの書籍をとても大切にしている。

メキシコもまた、他のラテンアメリカの国同様、こういった文化がとても高い。

残念ながら、この絵を描いた人物の名前が、本のどこを探しても表記されていないが、おそらくメキシコのアーティストだろう。
表紙の彼女は典型的なジプシー娘の装束をまとっているが、どことなくその表情は、マヤ風というかアステカ風というか、メキシコ・フォルクローレの雰囲気が漂っていてとてもいい。

Muerte de Jiro Hamada, el gran yupanquiano 日本のユパンキアーノ、濱田滋郎さん追悼

***

Jiro Hamada, el gran yupanquiano japonés que ha traducido ‘Cerro Bayo’ falleció el 21 de marzo en Tokio.
Tenía 86 años. Era un gran amigo personal de Atahualpa.

Jiro Hamada, an excellente music critic especially for Spain & Latin American culture passed away on March 21st in Tokyo.
He was 86 years old.
Mr. Hamada translated and published Yupanqui’s ‘Cerro Bayo,’ and he became a great personal friend of the Argentine maestro.

*** Una entrevista con Jiro Hamada, organiza por une revista de guitarra (An interview with Jiro Hamada, organized by the Japanese classical guitar magazine) ***

***

ユパンキの著書を日本語に翻訳した、スペイン、そしてラテンアメリカ文化のエキスパートである音楽評論家の濱田滋郎さんが、21日朝亡くなったことを、やはり中南米とカリブ音楽のエキスパート、竹村淳さんからのご連絡で知った。
享年86歳。濱田さんとは、日本のクラシックギター誌主宰で対談 をご一緒させていただくなど、とてもお世話になった。
12/8のヤマハホール公演を楽しみにしていただいていたので、とても残念に思う。
心から濱田さんのご冥福をお祈りしたい。

上記写真は、僕が所持しているユパンキの名著「風の歌」。
最後のページに、「セロ・バージョ(日本語タイトル:インディオの道 」の日本語への翻訳者として濱田さんのお名前が印刷されている。

下記写真は、対談時に濱田さんからいただいた、1979年に日本で出版された、「インディオの道」。

濱田滋郎さん、きっと空の上で、もうユパンキと嬉しい再会をされていることだろう。

1989年にアルゼンチンでユパンキに会ったとき、彼はまず僕に、”お前はジロー・ハマダを知っているか?彼は日本における、私の最も素晴らしい友人だ。”と、あのガラガラ声で語ったのを今でもよく覚えている。

Lucía Martínez -Umbría de seda roja- ルシーア・マルティーネス ~紅い絹の影のような女~

***

1. Lucía Martínez
2. Gacela del mercado matutino (Gazelle of the morning market)

music created and performed by Shiro Otake
Dance by Changmu Modern Dance Company
2nd guitar on ‘Lucía Martínez by Kenji “ken” Ueki
Artworks by Yu-ri Fujiwara
Video created by Shiro Otake

僕は高校一年生のときに、ガルシア・ロルカの「ルシーア・マルティーネス」と、「朝市のガゼール」という詩を読み、人間なら誰でも心の奥深くに持つ、異性に対する’暗い化け物が巣食ったような’激しいエロティックな感情を、これほどまでに文学的に表現できる人物がいるのかと大きな衝撃を受けた。

これは、そのふたつの詩をギターの幻想曲として表現したもの。

どちらもクオリティーの高いライヴ音源で、2曲目の「朝市のガゼール」から、実際にライヴでプレイしている映像が入る。
わかりやすいように、日本語の字幕も入れた。

アートワークは、親しいヴィジュアルアーティストのYu-ri Ave(芙似原由吏)さん。また、最初のルシーア・マルティーネスのセカンドギターとして素晴らしいサポートプレイを聴かせてくれているのは、ロックギターの植木”ケン”健司くん。
エレクトリックギターが本職だが、アコースティックもいい。

また、2曲目の朝市のガゼールで幻想的なモダンダンスを披露するのは、韓国を代表する現代舞踊団「チャンム(創舞)」の優れた四名の女性ダンサー。
ビデオクリップの編集は、僕自身が行った。

***

12月8日に行う予定の銀座ヤマハホール公演は、「愛の死〜レクイエム〜」というタイトル。
前衛、そして幻想感覚に溢れるロルカの詩をもとに、今回の忌まわしい、人間の奢りと無秩序が引き起こしたパンデミックを通して、魑魅魍魎とした下界と、光り輝く天空の回廊が激突するような、若干アヴァンギャルド感覚を伴う新しいカンタータの初演にしたい。

パブリシティのアートワークは、引き続きYu-riさんが担当してくれ、また、ラテン語と日本語による、レクイエムの重要なソリスト・シンガーを弟のLAVAが引き受けてくれた。

ぼくはいま、全情熱を傾けて、このアヴァンギャルド感覚を伴う新作の完成に取り組んでいる。

Un secreto directamente transmitido desde Atahualpa Yupanqui ユパンキ直伝「恋する鳩の踊り」

***

Es un secreto transmitido desde Atahualpa Yupanqui directamente en Cerro Colorado en enero, 1989.

This is a secret transmitted from Atahualpa Yupanqui directly in Cerro Colorado, Argentina in January, 1989.

1989年1月、アルゼンチン、コルドバ州北部セロコロラドにおいて、僕がプレイするバッハを聴いたユパンキはとても喜び、彼のギターの”マジック”の手ほどきをしてくれた。

恋する鳩の踊り。

僕は自分について、ユパンキの弟子であるとか継承者であるとかいう意識を持たないが、この曲に関しては、ユパンキ直伝といって間違いないだろう。
そのときユパンキが、すぐ目の前で出してくれた音は、いまでも僕の頭のなかで響き続け、そして僕はずっとその音を追い続けている。

‘Soledad Montoya,’ Destiny of the gipsies ジプシーの悲哀と運命「ソレダー・モントーヤ」

***

Una ‘white-Heat’ interpretación en vivo en La Paz, Bolivia, durante la gira ‘Lorquianas Iberoamericanas 2017.’
Al sólo tocar los temas de Atahualpa Yupanqui no me merece la palabra de ‘Yupanquiano.’
Soledad Montoya‘ es verdaderamente mi música, y mi guitarra que me siento orgulloso, y lo que puedo llevar el espíritu y al alma del gran maestro, con nuevos distintos anglos y la maneras.

A ‘white-Heat’ live performance in La Paz, Bolivia, during ‘Lorquianas Iberoamericanas 2017’ tour.
As one of the ‘Yupanquianos,’ to only play maestro’s works back to back is not my style.
Soledadd Montoya‘is truly my style and my music, which I believe I can bring Yupanqui’s soul and spirits with the different angles and the new ways.

2017年の「南米風ロルカ」ツアー、ノリにノっている白熱のボリビア、ラパス公演から、勢い余ったミストーンもあるが、音響のクオリティーも手伝い、僕のライヴ音源としてはおそらく最高の部類に属すると思われる、ガルシア・ロルカの傑作詩に霊感を受けたオリジナル・ギターソロのパフォーマンス。

ソレダー・モントーヤというのは、ジプシー娘の名前で、ロルカの代表作である「ロマンセーロ・ヒターノ(ジプシー歌集)」のなかでも特に傑出した「黒い哀しみのバラード」の主人公。
ロルカはこの娘をとおして、ジプシーという民族の悲哀と運命を、独自の前衛感覚をもって叙情豊かに謳いあげている。

***

わかりやすいように、日本語の字幕を入れてあるが、他の作品同様、ロルカ作品は主語が自在に入れ替わり、原語のスペイン語だとそれがきわめて幻想的な効果を出すのだが、それを正確に日本語に訳すのは容易なことではない。

「ソレダー・モントーヤ」は、冒頭(たぶんどちらも女)のふたりの会話によるテーマが、まるで音楽のインプロヴィゼーションのように展開してゆく作品だが、僕も実際、いったいこれはどっちの言葉なのだろうと迷うところが途中多々ある。

いつかアルゼンチン人のふたりの俳優が、これを小演劇風に演じているのを見たことがあるが、それは男と女の会話になっていた。
”あれ、ここはソレダーがしゃべるのか?”という場面もあり、とても新鮮だった。

ロルカはすでに世を去って100年近くが経過し、そのコピーライト保護期間も満了している。
リスペクトがあれば、既製にこだわる必要はない。おのおのの感覚で、新しく自由な解釈でプレイするのが何よりもベストだと思う。

僕の翻訳は、決して出版できるようなものではなく、解釈も間違っている部分もあるかもしれない。が、これはあくまでもミュージシャンである僕が、自作曲をプレイするうえで最も大切な’フィーリング’を得るための、芝居で言えば、僕専用の’演技メモ’のようなものだと思っていただけると嬉しい。

***

ロルカは、かつてあるインタビューでこう語った。

”私はジプシーではない、私はアンダルシア人だ、このふたつはよく混同されるが、アンダルシア人がどこかジプシー的であることは否めない。では、私にとって最もジプシー的なものはなにか?それは本と文学だ。”

これは個人的見解だが、「ソレダー・モントーヤ(黒い哀しみのロマンセ)」や、僕がやはり心酔する「月のロマンセ」も含め、こういった主語が自在変化をとげ、読むものにある程度の想像力を要求されるスタイルの作品というのは、アンダルシア人とジプシーの会話といって、ほぼ間違ないと思っている。

***

ビデオに使用しているイラストは、ロルカ自身が描いたソレダー・モントーヤ

僕は数年前、アルゼンチンのコルドバ州政府より’ユパンキアーノ(ユパンキに深く傾倒、解釈する人物)’の表彰を受けたが、ただ巨匠の音楽を次から次へと並べてプレイするのは自分のスタイルではなく、その言葉に価するとは思わない。

「ソレダー・モントーヤ」は、自分が胸を張って”これが俺の音楽、俺のギターだ”と言えるものだ。
そしてまた、ユパンキの魂と精神を、異なるアングルから伝えられるもののひとつだと信じている。

やはり’音’は、ライヴで録るのがベストだ。

Le Gitan New Yorkais avec la Solitude et la Passion

Top