Homage to Federico García Lorca in NYC

Screenshot 2017-03-03 15.19.11

***

Aunque tengo solamente las fotos durante el ensayo, fue un gran éxito mi NY recital con la maravillosa audiencia y el fantástico sonido del teatro.
No he nunca de olvidar de este concierto que me ha hecho estar a la “start line” de mi viaje interminable de “Iberoamericana.”

Screenshot 2017-03-16 21.07.17

***
Bien que je n’ai que des photos de la répétition, mon concert a été un grand succès avec le public magnifique et le son fantastique du théâtre.
Je n’oublierai jamais ce concert qui m’a fait être à la ligne de départ de mon interminable voyage de “Iberoamericana”.

17240603_1110625102382513_5184873137929055001_o

***
手元にリハーサル時の写真しかないが、悪天候のなか集まってくださった素晴らしいオーディエンスと、演奏しているぼく自身がしびれるような抜群の音響(歴史的建造物のみが持つ天然のアコースティックサウンド)とともに、ガルシア・ロルカに献呈した新作初演ニューヨーク公演は成功を収めることができた。
確固たる信念とともに、決して終わることのない「イベロアメリカーナ」追求の旅のスタートラインにぼくを立たせてくれたこのコンサートのことを、おそらく生涯忘れることはないだろう。

17359080_1110625185715838_3071781346781531726_o

この日、新しいギター「ホアン・エルナンデス」は、完全にぼくと一体となって泣き、叫び、そして美しい声で歌ってくれた。
いま一度ここで、この極めて優れた「スペイン美女」を自分に託してくれた東京のクロサワ楽器日本総本店クラシックギターフロアの皆様に、心からの感謝の意を表したい。

17390591_1110625332382490_6028697708386530037_o

エル・ディアリオ紙による紹介記事

Screenshot 2017-03-16 21.07.17

***

El Diario, el mejor periódico español en Nueva York que ha publicado mi artículo.

Screenshot 2017-03-16 21.09.49

***

El Diario, le plus grand journal espagnol de NY qui a publié mon articule.

Screenshot 2017-03-17 11.18.57

***

ニューヨーク最大のスペイン語ジャーナル、「エル・ディアリオ紙」によって大きく報じられたぼくの記事。
人気歌手シャキーラのNY公演の情報など、そんなビッグネームの話題ばかりなので実にありがたい。

明日のウエストエンドシアター公演は、残念ながら雪の予報だが、”これが大竹史朗の音楽だ!”といえるものをようやく手にしたぼくが、ライヴを楽しみにしてくださる皆様とともに新たなスタートラインに立つ、そんなコンサートになるだろう。

大竹史朗 ガルシア・ロルカ記念NY公演 

Screenshot 2017-03-04 12.56.11

Muchas gracias al gobierno de la España!!!

Merci beaucoup au gouvernement de l’Espagne!!!

スペイン政府による、3・18ニューヨーク公演の大宣伝。
さすが世界的芸術家を数多く擁する国だけあって、政府の機関がこのようなサイトを持っていることに幅の違いを感じる。

これは、アメリカで行われる(スペイン文化を伝える)音楽、演劇、映画、展覧会が厳選されて英語で紹介されるページだが、当然のことながら紹介を受けるのはスペインのトップアーティストばかり。よくこのようなかたちで自分の活動を伝えてくれたと感謝している。

”スペインでは、シロ・エル・アリエーロとして知られる大竹史朗が、ガルシア・ロルカの没後80年を記念してニューヨークで公演。(自分のアルゼンチン、ユパンキとのヒストリーに続き)アンダルシアのDuende(妖気)とアルゼンチンのSaudade(哀感)を融合させた音楽を運ぶ。”とある。

Screenshot 2017-03-04 12.53.50

Mi pasión / Homenaje a Garcia Lorca

photo 3-9

Saturday, 18th of March, 2017.
5:30 door 6:00 concert

West End Theater @ St.Paul And St.Andrew Methodist Church

263 W. 86th Street New York NY (bet.Broadway and West End Avenue)

$25.00 (General admission)

Information: 917-678-0810 or shiroguitarra@gmail.com

***

Program

1. Allemande BWV.1011 / J.S.Bach

2. El arco de Elvira / Shiro Otake

3. Solitude et Romance (from the soundtrack of the film “Ichijiku no Mori (The Fig Forest)”) / Shiro Otake

4. Iberoamericana / Shiro Otake

***

5. Two Portraits of Maria Teresa Lopez

6. La Guitarra ~ El Ruiseñor (The Guitar ~ The Nightingale)

7. Nambu / Shiro Otake

8. Suite “El Fuego de Los Dioses”

El Camino del Viento ~ The Road of the Wind

Screenshot 2016-08-29 18.37.43

***

El camino del viento es un espacio donde reúno dos fuentes que han sido protagonistas en mi mundo como cineasta: la sensibilidad de Atahualpa Yupanqui y la apreciación estética japonesacomo filosofía.
En ambos personajes de la historia, Yupanqui y Otake, encuentro las preguntas que yo mismo he perseguido desde hace años. Cuál es el punto medio entre la innovación y latradición, entre la originalidad de la creación y las reglas que definen a una disciplina, la relación entre lo individual y lo colectivo; en resumen: dos formas de concebir el mundo, aparentemente distantes y el arte como punto de encuentro.

_Gabriel Szollosy

Screenshot 2016-08-29 18.37.31

***

映画「風の道」は、映画監督としての私が描く世界のなかで、ふたつの泉が主人公として出会う空間である。
ユパンキの感覚と大竹の美学。このふたつのパーソナリティの出会いは、私自身が長きにわたって自分に問いかけてきたものだった。
改革と伝統の中間に位置する点とは何だろう?
手短に言えば(ユパンキと大竹は)、私にとって遥か隔たれた距離が生んだ出会いの芸術を描き出す、またとないふたつの手段なのだ。

_ガブリエル・ソショーシー

***

大いなる情熱とともに、私自身の音楽探求の旅を綴るドキュメンタリー映画「風の道」製作準備を進めているガブリエル・ソショーシー監督。
偉大なるユパンキの芸術に対し、私自身の創るものなど本当に取るに足らないものだ。
しかし、私のギターの演奏からここまで感じ取ってくれた、この極めて優れた感性に満ちたウルグアイの芸術家との出会いを、私は本当に心から嬉しく、そして誇りに思っている。

Screenshot 2016-08-22 18.48.35

***

El sitio web de ‘Librecine.’
Podrás leer el sinopsis y ver el teaser de “El camino del viento,” mi documental.

***

Le site internet de ‘Librecine‘.
Tu pourras lire le synopsis et voir le teaser de , mon film documentaire.

***

ウルグアイの映画製作プロダクション「リブレシネ」のサイト(英語)。

「風の道」の概要とティーザー(本編のイメージ予告映像」が見られる。
アルゼンチン、ウルグアイ、ボリビア、日本、そしてニューヨークでロケが予定されているこの作品は、来年4月14日、東京青山クラブ曼荼羅公演でクランクインできるよう、現在話し合っている。

Screenshot 2016-06-24 13.14.15

***

最初のユパンキのインタビューは、”私の思うところとはとても簡単だ。人と風景。もし風景が美し過ぎれば、人は消えてしまうだろう。では最も美しい風景とはなにか?それは人だ。”と、言っており、私のスペイン語は、「おい小僧、お前いまこう弾いたが、そこはこう弾くんだ。」と、言っている。

Le Gitan New Yorkais avec la Solitude et la Passion

Top