Yukio Mishima: Confessions of a mask 2 (Romance) 三島由紀夫に捧げる組曲「園子」第2楽章

***

La continuación de ‘Sonoko,’ una interpretación en vivo de ‘Romance,’ el segundo movimiento de la suite inspirada de ‘Confesiones de una mascara,’ escrito por Yukio Mishima (1925-1970,) el gran fenómeno de nuestro país.

The following part of ‘Sonoko,’ a live performance of ‘Romance,’ the second movement of my three parted solo guitar suite inspired by ‘Confessions of a mask,’ written by Yukio Mishima (1925-1970,) the legendary Japanese phenomenon.

第1楽章「園子」に続く、三島由紀夫の傑作小説「仮面の告白」に霊感を受けた四部構成によるギター組曲の第2楽章「軽井沢のロマンス(愛と葛藤)」のライヴパフォーマンス。

「仮面の告白」は、全編主人公の青年の言葉で綴られる物語だが、僕のギター組曲は4楽章とも全て、悲痛のヒロイン・園子の美貌、そして彼女の心の声をサウンド表現したもので、この第2楽章は、第3楽章「ショパンのノクターン」とともに、第1、第4楽章の緊迫度を和らげる、最もロマンティックな、夏の軽井沢の林のなかに佇む彼女の姿をイメージした、ドリーミーかつ静かな雰囲気を持つ作品。

ビデオに出てくる、林のなかの小さな教会は(まるで軽井沢のようだが)、僕のニューヨーク郊外(フォレストヒルズ)の自宅のすぐそばで撮影した映像で、飼っている犬の散歩コース。
僕はもうここに30年以上暮らしているが、初めてこのエリアを歩いたとき、ここは軽井沢のようだなと感じた。
ニューヨークやコネチカット、マサチューセッツやメイン、そしてニューハンプシャー、ヴァーモントなどの州のあるアメリカの北東海岸は(都市部をいったん離れてしまうと)、どこもこのような、軽井沢を想わせる民家や景色に溢れている。

この第二楽章の後、組曲は、第3楽章「ショパンのノクターン」、そして最も気に入っているフィナーレの「異形の幻影〜不在」で幕を閉じるが、この最終楽章を含む全曲コンプリートプレイについては、是非是非次回のライヴをご期待ください