「Knight’s NY diaries」カテゴリーアーカイブ

ニューヨーク日記

¡Gracias Sr. Embajador!

私にとって、一生涯の思い出となったメキシコシティー、テンプロ・マヨール・アステカ・ピラミッド大神殿遺跡公演
このコンサート実現のためにご尽力くださり、私を同地に招聘してくださった小野正昭駐メキシコ大使が、約4年間の任期を終えられ日本にご帰国なさいました。
♪♪♪
もしもこのとき、芸術に深いご理解のある小野大使がメキシコにいらっしゃらなければ、アステカ大神殿公演は成功をおさめるどころか、実現することすらもなかったでしょう。
この場をかりて小野大使に、あらためて心からの感謝を申し上げます。

Happy holidays

日頃たいへんお世話になる日本の旅行社「グローバルユースビューロー」が、ここニューヨークにおいて作ってくださった作曲家の小林亜星さんとのご縁は、私にとってきわめて大きなインスピレーションを受ける出会いとなりました。
私はこのすぐあと、現在総仕上げ中の新作カンタータに”とどめの一撃(!)”ともいえる、香川京子さんによる朗読と児童合唱のための「道とともに生まれた我が運命(さだめ)」というナンバーを作詞作曲して加え、現在寝てもさめてもその調べが頭の中で鳴り響いている状態になっています。
写真は、グローバルユースビューローの柴崎常務が撮影して、先日日本から送ってくださったスナップ。
小林亜星さんは、この写真のとおりの温厚な素晴らしい方でした。
私も近年、こんなに楽しそうな表情をしている写真はそう多くありません。
よい出会いとは、必ずよいインスピレーションを伴ってくれるものです。

続きを読む Happy holidays

“アルゼンチン風バッハ” リハーサル

ニューヨークから東京に無事到着。
13日午後、いよいよ三日後にひかえた駐日アルゼンチン大使公邸におけるコンサートにむけ、今回スペシャルゲストとして、詩の朗読によるお手伝いを引き受けてくださった香川京子さんとリハーサルを行いました。

続きを読む “アルゼンチン風バッハ” リハーサル

‘グレゴリオ・カブラル’94カスタム’ 復活

アルゼンチンのコルドバ州北部、ビジャ・デ・マリーア・デル・リオ・セーコに暮すギター製作家、グレゴリオ・カブラルさんが、1994年、私のために作ってくれたカスタムオーダーによるギター。
今年3月半ばに、ビッグ・オーヴァーホールに出していたこの楽器が、約3ヶ月に渡る大修理を終えて私のもとに戻ってきました。

続きを読む ‘グレゴリオ・カブラル’94カスタム’ 復活