「Audio」カテゴリーアーカイブ

楽曲の試聴

ノーネスチャンネルとのインタビュー ON AIR

限りなきバッハへの想い そして南米音楽への情熱

a_aaaaabjs1129_1953

二週間の日本滞在を終えてニューヨークに戻る前日、12月1日に東京で収録を行った、ノーネスチャンネルによるインタビューのオンライン配信がスタートしました。
「ひとつのダイヤモンド」と題された、全二部構成によるこのインタビュー。
ユパンキ音楽との出会い、アメリカへの旅立ち、さらに敬愛してやまないバッハに対する想い、そして現在の私の音楽に対するアプローチと考え方が、ひとつのテレビ番組としてたいへんていねいに作られています。
まずこの場をかりて、ノーネスチャンネルの平山秀善代表兼チーフ・エクゼクティヴ・オフィサー、そしてノーネスユニバーシティーの学園長、鮎川雅子さんに心から感謝申し上げます。

続きを読む ノーネスチャンネルとのインタビュー ON AIR

シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ” II

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バッハの”プレリュードBWV996″、そしてタレガの”ラグリマ(涙)”と続いたクラシック・スペシャル。
お楽しみいただけましたか?
今日はそのファイナル・ショウダウン。
私が、その様式美にあふれたドラマティックな曲想とスペクタクル性において、特に抜きんでていると思ういくつかのクラシックギター作品の中でも、アグスティン・バリオス・マンゴレの”ラ・カテドラル(大聖堂)”、そしてエイトル・ヴィラ=ロボスの”五つのプレリュード”とならんでもっとも好きなナンバー、フランシスコ・タレガの”アラビア風奇想曲”をお聴きいただきます。
(コンサートのプログラムとして演奏したことはいままで一度もありませんが、本番前のサウンドチェックにおいて、必ず一度か二度全編とおして弾くのがこのナンバー。 写真は、カーネギー・ワイル・リサイタルホールのステージで”アラビア風奇想曲”をリハーサル中の私です。)

続きを読む シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ” II

シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FMインタビューのために行った、クラシックギター・レパートリー3曲の特別録音。
前回は、バッハの傑作、”プレリュードBWV996″をお楽しみいただきました。
今日は、今年2009年が、ちょうどその没後100年を記念する年にあたる、スペインに生まれた”近代ギター音楽の父”、フランシスコ・タレガのペンになるギター曲をお聴きいただきます。

続きを読む シロ・プレイズ ”フランシスコ・タレガ”

シロ・プレイズ ”J.S.バッハ”

bach

現在、ニューヨークとワシントンD.C.で予定されているふたつのFMステーションのインタビュー番組のために、クラシックギターのレパートリー3曲の特別録音を行いました。
今日はそのなかから、ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲による名作、「リュート組曲第一番ホ短調BWV996」の冒頭ナンバー”プレリュード”をお聴きいただきます。

続きを読む シロ・プレイズ ”J.S.バッハ”